GTM-MML4VXJ
Skip to main content

コマンド集(Oracle Solaris/XSCF)

Oracle Solaris/XSCFの主要なコマンドとオプションの使い方をまとめています。

逆引きコマンド一覧コマンド一覧キーボードショートカット

コマンド一覧

サーバ構築時に使用するOracle Solarisコマンドを、アルファベット順に示しています。
複数オプションが存在するコマンドは、主に使用するものを説明しています。

コマンド 解説
.(ドット) ファイル内のコマンドの実行
alias エイリアスの確認
alias エイリアスの設定
arp arpテーブルの表示
arp arpテーブル情報の追加・削除
at 時刻指定によるコマンドの実行
banner OBP のバナーの表示
bash シェル
beadm activate OSの代替ブート環境の有効化
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
beadm create OSの代替ブート環境の作成
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
beadm destroy OSの代替ブート環境の削除
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
beadm list OSの代替ブート環境の表示
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
beadm mount/unmount OSの代替ブート環境のマウント/アンマウント
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
beadm rename OSの代替ブート環境名の変更
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
bg 指定したジョブをバックグラウンドで実行
boot  マルチユーザモードでの起動
boot  CD、DVDからの起動
boot  ネットワークブート
boot  シングルユーザモードでの起動
boot -L  ルートプール内のBE表示
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
boot -Z  ZFSルートファイルシステムからのブート
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
bootadm GUI環境でのOSのブート環境管理
bootadm install-bootloader システムブートローダーのインストール
注釈Oracle Solaris 11.1で追加されたコマンドです。
cat ファイルの内容の表示
cd カレントディレクトリの移動
chmod  ファイル・ディレクトリのアクセス権の変更
chown ファイル・ディレクトリの所有権の変更
clear 端末の画面クリア
compress ファイルの圧縮
coreadm コアファイル情報の確認
coreadm コアファイル情報の設定
cp ディレクトリのコピー
cp ファイルのコピー
cpio アーカイブの作成
cpio アーカイブの展開
crontab スケジュール指定によるコマンドの定期実行
date システム時間の表示
date  システム時間の変更
dd ディスクのコピー
devalias デバイスエイリアスの表示
devfsadm デバイスファイルの管理
df ディスク使用状況の表示
diff 2つのファイルの比較
digest メッセージダイジェスト(md)の算出
diskinfo ディスク情報の表示
dladm インターフェイス構成の表示
dlstat データリンクの統計情報の表示
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
du ディスク使用量の表示
dumpadm ダンプ情報の確認
dumpadm ダンプ情報の設定
echo 文字列の表示
eeprom OBPの設定表示
eeprom OBPの設定変更
eject ドライブからの媒体の取出し
env 環境変数の表示
env コマンド実行のための環境変数の設定
exit シェルの終了
export 環境変数の設定
fcinfo ファイバチャネルホストバスアダプタ情報の表示
fg 指定したジョブをフォアグランドで実行
file ファイルの種類の表示
find  ファイルの検索
fjprtdiag システム診断情報の表示
flowadm ネットワーク帯域幅の制御
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
flowstat ネットワーク帯域の統計情報の表示
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
fmthard VTOCのアップデート
format ディスクのパーティショニング
format ラベルの書き換え
fsck ファイルシステムのチェックと修復
fstyp ファイルシステムの種類を表示する
ftp ファイル転送操作
getent group 所属するグループの一覧表示
getent passwd 所属するユーザの一覧表示
grep  テキストの検索
groupadd グループの作成
groupdel グループの削除
groupmod グループ情報の変更
gzip 圧縮ファイルの解凍
gzip ファイルの圧縮
halt システムの停止
hash ハッシュテーブルの表示/操作
head ファイルの先頭の表示
hostid ホストの数値識別子の表示
hostname システムのホスト名表示
hostname システムのホスト名変更
iconv 文字コードの変換
id ユーザ情報の表示
ifconfig  ネットワークインターフェース情報の表示
ifconfig  ネットワークインターフェイスの設定
in.rarpd RARP 要求の応答確認
init システムの停止(ランレベルの変更)
init システムの再起動(ランレベルの変更)
installboot ブートブロックのインストール
ipadm  ネットワークインターフェース情報の表示
ipadm  ネットワークインターフェース情報の設定
ipstat IP トラフィックに関する統計情報の表示
注釈Oracle Solaris 11.2で追加されたコマンドです。
jobs 実行中のジョブ表示
kill プロセスの終了
last ユーザのログイン履歴の表示
less テキストファイルの1画面表示
ln シンボリックリンクの作成
ln ハードリンクの作成
ls ディレクトリ内のファイルの一覧表示
mailq メール送信キューの表示
mailx メールの送信・受信
lofiadm ブロックデバイスとして使用可能なファイルの管理
logadm ログファイルの管理
man  オンラインマニュアルの表示
mkdir ディレクトリの作成
mkfile バイナリファイルの作成
more テキストファイルの1画面表示
mount ファイルシステムのマウント
mt 磁気テープの制御
mv ファイルの移動・ファイル名の変更
mv ディレクトリの移動・ディレクトリ名の変更
netstat ネットワークに関する情報表示
newaliases メールエイリアスのデータベースの再構築
newfs ファイルシステムの作成
newgrp 別グループへの変更
nslookup DNS設定の確認
ntpdate システム時刻の補正
nvalias デバイスエイリアスの設定
nvunalias デバイスエイリアス情報の削除
od ファイルの8進ダンプ
passwd ユーザログインシェルの変更
passwd パスワードの設定/変更
patchadd パッチの適用
注釈Oracle Solaris 11で廃止されたコマンドです。
patchrm パッチの削除
注釈Oracle Solaris 11で廃止されたコマンドです。
ping 通信の疎通確認
pkg contents パッケージ内容の表示
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
pkg install パッケージのインストール
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
pkg list インストール済みパッケージの情報表示
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
pkg search パッケージの検索
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
pkg uninstall パッケージの削除
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
pkgadd パッケージのインストール
pkginfo インストール済みパッケージの情報表示
pkgrm パッケージの削除
pkill 名前によるプロセスの検出またはシグナル送信
prctl 資源制御の取得
prctl 資源制御の設定
printenv OBPの環境変数と設定値の表示
priocntl プロセススケジューリングの制御
probe-scsi-all SCSI デバイスの表示
projadd 資源の新規追加
projdel 資源の削除
projects 資源の確認
projmod 資源の変更
prstat アクティブプロセスの統計表示
prtconf システム構成の表示
prtdiag システム診断情報の表示
prtvtoc ディスクのVTOCの表示
prtvtoc 、fmthard VTOCの他ディスクへのコピー
ps プロセスの状態表示
psradm プロセッサの動作ステータスの変更
psrinfo プロセッサに関する情報の表示
pwd カレントディレクトリの表示
reboot システムの再起動
rehash ハッシュテーブルの表示/操作
reset-all 装置のリセット
rm ディレクトリの削除
rm ファイルの削除
rmdir ディレクトリの削除
roleadd 役割の追加
roledel 役割の削除
rolemod 役割の修正
rolemod ユーザアカウントと役割アカウントの変更
roles 役割の確認
route ルーティング情報の設定
route ルーティング情報の削除
rsync ファイル・ディレクトリのミラーリング
sasinfo SASホストバスアダプタ情報の表示
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
scp リモートでのファイルコピー
script 端末セッションの記録の生成
setenv OBPの環境変数の設定
sh シェル
share ローカル資源(ファイル/デバイス)の共有
shareall 指定した全てのローカル資源(ファイル/デバイス)の共有
showrev 適用済みパッチの確認
注釈Oracle Solaris 11で廃止されたコマンドです。
shutdown  システムの停止
shutdown  システムの再起動
snoop ネットワークパケットの取得・検査
sort テキストファイルのソート
source ファイル内のコマンドの実行
ssh 暗号化リモート接続
ssh 公開鍵認証によるリモート接続
ssh-keygen 認証鍵の生成
su 別ユーザへの変更
sudo 別のユーザとしてコマンドを実行
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
svcadm  サービスインスタンスの操作
svccfg サービスのプロパティ値の設定
svccfg DNSクライアントの設定
svccfg NTPサーバの設定
svcprop サービスのプロパティ値の確認
svcs サービス状態の確認
swap 指定されたswap領域の追加
swap 指定されたswap領域の削除
swap 全swap領域の状態表示
sysconfig 初期構成の再構成
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。
sys-unconfig 初期構成の再構成
注釈Oracle Solaris 11で廃止されたコマンドです。
tail ファイルの末尾の表示
tar  複数ファイルのアーカイブ
tar  アーカイブの展開
tcpstat TCP および UDP トラフィックに関する統計情報の報告
注釈Oracle Solaris 11.2で追加されたコマンドです。
telnet リモート接続
timex コマンドの実行時間の測定
tip リモート接続(コンソール)
touch ファイルのタイムスタンプの変更
touch テキストファイルの作成
traceroute ネットワークの到達経路の確認
ufsdump ファイルシステムのバックアップ
ufsrestore バックアップデータの復元
ufsrestore バックアップデータの確認
umask ファイル生成マスクの表示
umask ファイル生成マスクの設定
umount マウントの解除
unalias エイリアスの解除
uname システム情報の表示
uncompress 圧縮ファイルの解凍
unset 変数定義の解除
unshare ローカル資源(ファイル/デバイス)共有の解除
unzip 圧縮ファイルの展開
uptime システム起動時間の表示
useradd  ユーザの作成
userdel ユーザの削除
usermod  ユーザ情報の変更
users システムにログインしているユーザの表示
vi ファイルの内容編集
virtinfo 仮想環境情報
w ログインしているユーザの一覧表示とシステムの状況表示
wc テキストファイルの行数表示
which コマンドパスの検索
who ログインしているユーザの一覧表示
who -r ランレベルの確認
zip ファイルの圧縮
  • 次へ

サーバ構築時に使用するXSCFコマンドを、アルファベット順に示しています。
各コマンドの説明と実行例については以下ドキュメントをご参照ください。
複数オプションが存在するコマンドは、主に使用するものを説明しています。

XSCFコマンド集 (522 KB)

【掲載コマンド一覧】

コマンド 解説
addboard PSBの組み込み、割り当て
addcodactivation CPUコア アクティベーションキーの追加
adduser XSCFユーザーアカウントの作成
applynetwork XSCFネットワーク設定の適用
console 制御ドメインコンソール接続
deleteboard PSBの切り離し
deletecodactivation CPUコア アクティベーションキーの削除
deleteuser XSCFユーザーアカウントの削除
exit XSCFシェルの終了
man XSCFコマンドのマニュアル表示
nslookup ホスト名の照会
password XSCFユーザーアカウントのパスワード設定
ping ICMPのECHO_REQUESTパケット送信
poweroff PPARの停止
poweron PPARの起動
rebootxscf XSCFの再起動
reset PPAR、論理ドメインのリセット
restorecodactivation CPUコア アクティベーションキーの復元
restoredefaults 設定情報を工場出荷時に戻す
setcod CPUコアリソースの割り当て
setdate XSCFの時計の日付、時刻設定
setdomainconfig PPAR起動時の論理ドメイン構成指定
sethostname ホスト名、DNSドメイン名の設定
sethttps HTTPSサービスの開始/停止/認証関連の設定
setinterimpermit CPUコアの一時利用機能の有効/無効設定
setlocator オペレーションパネルのCHECK LED点滅/点滅解除設定
setlookup 認証、ユーザー権限に関する参照先の設定
setnameserver ネームサーバ、サーチパスの設定/削除
setnetwork ネットワークインターフェースの設定/削除
setntp XSCFの時刻同期設定
setpasswordpolicy パスワードポリシーの管理
setpcl PCLの設定
setpparmode PPARの動作モード設定
setpparparam OpenBoot PROM環境変数の強制書き換え、ブートスクリプトの登録/削除
setprivileges ユーザー権限の割り当て
setroute ルーティング情報の設定
setssh SSHサービスに関する設定
settelnet Telnetサービスの開始/停止
settimezone XSCFのタイムゾーン設定
setupfru ハードウェアに関する設定
showboards PSBの情報表示
showcod CPU コア アクティベーションの登録、設定情報表示
showcodactivation CPUコア アクティベーションの情報表示
showcodusage CPUコアリソースの使用情報表示
showdate XSCFの時計の日付、時刻表示
showdomainconfig PPARの論理ドメイン構成情報表示
showdomainstatus 論理ドメインの状態表示
showenvironment 吸気温度/温度/電圧/ファン回転/消費電力/排気量の表示
showhardconf FRUの情報表示
showhostname ホスト名の表示
showhttps HTTPSサービスの状態表示
showinterimpermit CPUコアの一時利用機能の状態/情報表示
showlocator オペレーションパネルのCHECK LED状態表示
showlogs ログの表示
showlookup 認証、ユーザー権限に関する設定表示
shownameserver ネームサーバ、サーチパスの表示
shownetwork ネットワークインターフェースの情報表示
showntp NTP情報の表示
showpasswordpolicy パスワードポリシーの設定表示
showpcl PCLの表示
showpparmode PPARの動作モード表示
showpparparam OpenBoot PROM環境変数、ブートスクリプトの表示
showpparprogress 電源制御シーケンス中のPPAR詳細表示
showpparstatus PPARの状態表示
showroute ルーティング情報の表示
showssh SSHサービスの内容表示
showstatus 縮退されたFRU表示
showtelnet Telnetサービスの状態表示
showtimezone XSCFのタイムゾーン表示
showuser XSCFユーザーアカウント情報の表示
testsb PSBの初期診断
version ファームウェアの版数表示
who XSCFログイン中のユーザーアカウント一覧表示
  • 前へ
GTM-T46VJF7