GTM-MML4VXJ
Skip to main content

システム情報の設定/確認:プロセッサの動作ステータスの変更

コマンド

/usr/sbin/psradm

注釈rootユーザでのみ実行可能です。

形式

psradm [オプション] プロセッサID プロセッサの動作ステータスを変更します。

オプション

-f 指定されたプロセッサを off-line にします。
-F 指定された別の状態に強制的に切り換えます。
-i 指定されたプロセッサを no-intr に設定します。
-n 指定されたプロセッサを on-line にします。
-s 指定されたプロセッサを spare にします。
-v 操作の各試行の結果を示すメッセージを出力します。

使用例

psradm -f 2
psradm -i 1
psradm -F -s 1 2

プロセッサ 2を off-line に設定します。

# psradm -f 2

プロセッサ 1を no-intr に設定します。

# psradm -i 1

プロセッサ 1 と 2 のどちらかが faulted の状態になっている場合でも、両方のプロセッサを spare に設定します。

# psradm -F -s 1 2

関連情報

  • プロセッサに関する情報の表示(psrinfo