GTM-MML4VXJ
Skip to main content

コマンド定期実行/測定:スケジュール指定によるコマンドの定期実行

コマンド

/usr/bin/crontab

形式

crontab ファイル名/ [オプション] ユーザ名 ユーザの crontab ファイルを管理します。
crontab ファイルに指定したスケジュールに従って、コマンドが定期実行されます。

オプション

-e 現在のユーザのcrontabファイルのコピーを編集します。
crontabが存在しない場合は、空のファイルを作成して編集します。
-l ユーザのcrontabファイルの内容を表示します。
-r crontabディレクトリからユーザのcrontabを削除します。

使用例

# crontab -e
# crontab -l

crontabを編集します。

# crontab -e
#ident  "%Z%%M% %I%     %E% SMI"
#
# Copyright 2007 Sun Microsystems, Inc.  All rights reserved.
# Use is subject to license terms.
#
# The root crontab should be used to perform accounting data collection.
#
#10 3 * * * /usr/sbin/logadm           ←     コメントアウトします。(編集例)
10 3 * * * /usr/sbin/logadm
15 3 * * 0 [ -x /usr/lib/fs/nfs/nfsfind ] && /usr/lib/fs/nfs/nfsfind
30 3 * * * [ -x /usr/lib/gss/gsscred_clean ] && /usr/lib/gss/gsscred_clean
* * * * * /usr/sbin/logadm             ←     最終行に追加します。(編集例)

編集したcrontabを表示します。

# crontab -l
#ident  "%Z%%M% %I%     %E% SMI"
#
# Copyright 2007 Sun Microsystems, Inc.  All rights reserved.
# Use is subject to license terms.
#
# The root crontab should be used to perform accounting data collection.
#
#10 3 * * * /usr/sbin/logadm
10 3 * * * /usr/sbin/logadm
15 3 * * 0 [ -x /usr/lib/fs/nfs/nfsfind ] && /usr/lib/fs/nfs/nfsfind
30 3 * * * [ -x /usr/lib/gss/gsscred_clean ] && /usr/lib/gss/gsscred_clean
* * * * * /usr/sbin/logadm

関連情報

  • 時刻指定によるコマンドの実行(at