GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ネットワークサービス操作:NTPサーバの設定

コマンド

/usr/sbin/svccfg 注釈NTPv4(Oracle Solaris 11)における設定

使用例

以下のような手順で、NTPサーバの設定を行います。
  注釈設定例
・NTPサーバIPアドレス:192.168.1.100(優先的に参照させたいアドレス)
192.168.1.101

Oracle Solaris 11の場合

1.NTPクライアント定義ファイル(/etc/inet/ntp.conf)を新規作成し内容を編集
# vi /etc/inet/ntp.conf

server 192.168.1.100 prefer
server 192.168.1.101

driftfile /var/ntp/ntp.drift
statsdir /var/ntp/ntpstats/
filegen peerstats file peerstats type day enable
filegen loopstats file loopstats type day enable
filegen sysstats file sysstats type day enable
filegen rawstats file rawstats type day enable

・prefer:優先的に参照させたいNTPサーバに設定する
・driftfile:ローカルクロックの精度に関する情報を記録するファイルを指定します。
・statsdir:filegenで指定する統計情報ファイルを格納するディレクトリを指定します。
・filegen:採取する統計情報ファイルを記載します。
- peerstats:日々の時刻差の情報
- loopstats:自ホストのクロック更新の情報
- sysstats:送受信したパケット情報
- rawstats:クライアント、サーバ間の要求時間や応答時間などのタイムスタンプ情報

2.ゆっくりした時刻同期(slew_always)の値を有効にします。
・デフォルトの設定を確認します。
# svcprop -c -p config/slew_always svc:/network/ntp:default

false

・slew_alwaysの値をtrueに変更します。
# svccfg -s svc:/network/ntp:default setprop config/slew_always=true

・変更後の設定を確認します。
# svcprop -c -p config/slew_always svc:/network/ntp:default

true

3.1000秒以上の時刻補正の設定を無効にします。
・デフォルトの設定を確認します。
# svcprop -c -p config/always_allow_large_step svc:/network/ntp:default

true

・always_allow_large_stepの値をfalseに変更します。
# svccfg -s svc:/network/ntp:default setprop config/always_allow_large_step=false

・変更後の設定を確認します。
# svcprop -c -p config/always_allow_large_step svc:/network/ntp:default

false

4.ロギング機能(verbose_logging)を有効にします。
・デフォルトの設定を確認します。
# svcprop -c -p config/verbose_logging svc:/network/ntp:default

false

・verbose_loggingの値をtrueに変更します。
# svccfg -s svc:/network/ntp:default setprop config/verbose_logging=true

・変更後の設定を確認します。
# svcprop -c -p config/verbose_logging svc:/network/ntp:default

true

5.NTPサービスを起動します。
# svcadm enable svc:/network/ntp:default

6.時刻同期の状態を確認します。
・同期しているサーバに「*」が表示されていることを確認します。
# ntpq -np

 remote   refid      st t when poll reach  delay offset jitter
===============================================================
*192.168.1.100  192.0.238.70  5 u  10  64  1  1.377  18490.4  0.000
192.168.1.101   192.0.238.70  5 u   9  64  1  0.787  18428.2  0.000

Oracle Solaris 10の場合(参考)

1.NTPクライアント定義ファイル(/etc/inet/ntp.conf)を新規作成し内容を編集

server 192.168.1.100 prefer
server 192.168.1.101

driftfile /var/ntp/ntp.drift
slewalways yes

2.NTPサービスを起動します。
# svcadm enable ntp

関連情報

  • NTP運用ガイド (1.50 MB ) (2019年5月)
  • サービスインスタンスの操作(svcadm
  • サービスのプロパティ値の設定(svccfg
  • サービスのプロパティ値の確認(svcprop