GTM-MML4VXJ
Skip to main content

システムの情報設定/確認:初期構成の再構成

コマンド

/usr/sbin/sys-unconfig
注釈rootユーザでのみ実行可能です。
注釈Oracle Solaris 11で廃止されたコマンドです。

形式

sys-unconfig システムの構成情報(ホスト名、IPアドレスなど)をクリアし再び構成可能な状態にします。

オプション

なし システムの再構成を行います。

使用例

sys-unconfig

システムの構成情報(ホスト名、IPアドレスなど)をクリアし再び構成可能な状態にします。

# sys-unconfig
                    警告


このプログラムは、システムの構成を解除します。つまり、名前がなく、
他のシステムやネットワークを認識しない"初期"状態のシステムに
戻してしまいます。


このプログラムは、システムの停止も行います。


継続してよろしいですか (y/n) ?

『継続してもよろしいですか(y/n)?』で、"y" を入力するとシステムがシャットダウンします。
次回ブートした時に、インストールの最初に行ったシステム情報の設定とほぼ同じ手順で再設定することができます。
ただし、コンソール画面での設定になります。