GTM-MML4VXJ
Skip to main content

コマンド定期実行/測定:ログファイルの管理

コマンド

/usr/sbin/logadm

形式

logadm [オプション] ログファイル名 ログローテーションを設定します。
(ログファイル名は/etc/logadm.conf 内のエントリを指定します。)

オプション

-A age age で指定された時間だけ変更されていないバージョンをすべて削除します。
-c ログファイルをコピーし、ログファイルをローテーションします。
-C count 残っているファイルの数が count 以下になるまで、もっとも古いバージョンを削除します。
-p period 指定された期間 (period) のあとでログファイルをローテーションします。
-r ログファイル名に対応するエントリを /etc/logadm.conf から削除します。
-s size ログファイルが size 以上の場合のみ、そのファイルをローテーションします。
-z count 古いログファイルを圧縮します。
count 個の最新ログファイルは圧縮されません。
count として 0 を使用すると、すべての古いログが圧縮されます。

使用例

logadm -c /var/adm/exacct/proc
logadm -C8 -t'/var/oldlogs/syslog.$n' /var/log/syslog

ファイルをコピーして切り詰めるように logadm に指示します。

# logadm -c /var/adm/exacct/proc

syslog をローテーションし、8 個のログファイルを保持します。
古いログファイルはディレクトリ /var/log ではなく /var/oldlogs に置かれます。

# logadm -C8 -t'/var/oldlogs/syslog.$n' /var/log/syslog