GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ネットワークの設定/表示:ネットワークインターフェイスの設定

コマンド

/usr/sbin/ifconfig 
注釈rootユーザでのみ実行可能です

形式

ifconfig インターフェース名 パラメータ ネットワーク環境の状態を設定します。

オプション

plumb 物理インタフェース名に関連付けられたデバイスを使用可能にします。
unplumb 物理インタフェース名に関連付けられたデバイスを削除します。
up インターフェースを活性化します。
down インターフェースを非活性化します。
netmask 物理インターフェースに関連付けられたデバイスのネットマスク値を設定します。

使用例

ifconfig hme0:1 plumb
ifconfig hme0:1 192.168.128.111 netmask 255.255.255.0
ifconfig hme0:1 up
ifconfig hme0:1 down
ifconfig hme0:1 unplumb

インターフェース名hme0:1に関連付けられたデバイスを使用可能にします。

ifconfig hme0:1 plumb
ifconfig hme0:1 192.168.128.111 netmask 255.255.255.0
ifconfig hme0:1 up

再起動時に本設定は消えてしまうので、/etc/hostname.[インターフェース], /etc/hosts, /etc/netmasks のネットワーク設定が必要です。

インターフェースhme0:1にIPアドレスとして192.168.128.111を、netmaskとして255.255.255.0を設定します。

# ifconfig hme0:1 192.168.128.111 netmask 255.255.255.0

インターフェースhme0:1を活性化します。

# ifconfig hme0:1 up

インターフェースhme0:1を非活性化します。

# ifconfig hme0:1 down

インターフェースhme0:1に関連付けられたデバイスを削除します。

# ifconfig hme0:1 unplumb

関連情報

  • ネットワークインターフェース情報の表示(ifconfig
  • 通信の疎通確認(ping
  • ネットワークの到達経路の確認(traceroute
  • ネットワークに関する情報表示(netstat