GTM-MML4VXJ
Skip to main content

検索/比較/ソート:メッセージダイジェストの算出

コマンド

/usr/bin/digest

形式

digest [オプション] ファイル名 指定されたアルゴリズムを使い、メッセージダイジェストを算出します。

オプション

-a アルゴリズム 暗号化または復号化プロセスで使用するアルゴリズムの名前を指定します。
-l 利用可能なアルゴリズムの一覧を表示します。一覧は、暗号化フレームワークの構成によって変わります。
-v 詳細情報を出力します。アルゴリズム名とファイル名を出力に含めます。

使用例

digest -v -a md5 /usr/bin/vi
digest -a sha1 /etc/motd
digest -v -a sha1 /usr/lib/inet/*
digest -l

md5sum プログラムの出力をシミュレートします。

# digest -v -a md5 /usr/bin/vi

md5 (/usr/bin/vi) = e4e3588c5212903847c66d36b1a828a5

/etc/motd の sha1 ダイジェストを生成します。

# digest -a sha1 /etc/motd

5f402c9afd761261465e8496c078e6e2d5706087

sha1 を使用してディレクトリマニフェストを生成します。

# digest -v -a sha1 /usr/lib/inet/*

sha1 (/usr/lib/inet/certdb) = f6d43e6e395d50db24d34e4af4828598c8918b16
sha1 (/usr/lib/inet/certlocal) = 7f74ba4a019b809c7023212b4bda10d9485e071d
sha1 (/usr/lib/inet/certrldb) = 1f845d30b8d02066647de04311e74549049852ed
sha1 (/usr/lib/inet/dhcp) = e3db5e4ff40a69d13f2497254526c2015d2c37b3
sha1 (/usr/lib/inet/dsvclockd) = b61aad7ed6a0f82145c3c26aedc613ab4a1f032e
:

ダイジェストに利用可能なアルゴリズムの一覧を表示します。

# digest -l

ha1
md5
sha256
sha384
sha512

関連情報

  • テキストの検索(grep
  • 2つのファイルの比較(diff
  • テキストファイル内の行数表示(wc