GTM-MML4VXJ
Skip to main content

システムの情報設定/確認:ダンプ情報の確認

コマンド

/usr/sbin/dumpadm
注釈rootユーザでのみ実行可能です。

形式

dumpadm ダンプの設定や確認を行います。

オプション

なし クラッシュダンプの取得に関する設定情報を表示します。

使用例

dumpadm

ダンプの情報を確認します。

# dumpadm
    ダンプの内容: カーネル ページ
      ダンプデバイス: /dev/dsk/c0t0d0s1 (swap)
セーブコアディレクトリ: /var/crash/pw200
    有効なセーブコア: はい

ダンプの内容-採取するダンプの内容です。
ダンプデバス-システムがクラッシュしたときにダンプデータを一時的に保存するデバイスです。
セーブコアディレクトリ-システムのクラッシュダンプファイルを保存するディレクトリです。
有効なセーブコア-ダンプを保存する設定の状態を表示します。「はい」の場合は有効、「いいえ」の場合は無効に設定されています。

関連情報

  • ダンプ情報の設定(dumpadm
  • コアファイル情報の確認(coreadm
  • コアファイル情報の設定(coreadm