GTM-MML4VXJ
Skip to main content

システム情報の設定/確認:仮想環境情報

コマンド

/usr/sbin/virtinfo

注釈Oracle Solaris 10 9/10以降。

形式

virtinfo [オプション] 現在の環境でサポートされる仮想化情報を提供します。

オプション

-a システムから現在入手できるすべての情報を表示します。

Oracle Solaris 11.1以前

-c コントロールドメインを表示します。
-d ドメイン名を表示します。
-t ドメインタイプを表示します。

Oracle Solaris 11.2

-c クラス 指定したクラス (current、parent、または supported)の情報を表示します。クラスを指定しない場合、コントロールドメインを表示します。
get プロパティ 指定したプロパティを取得します。
(all,control-role,io-role,root-role,service-role,domain-name,uuid,control-name,chassis-serial-number)

使用例

virtinfo
virtinfo -t -d -c (Oracle Solaris 11.1以前)
virtinfo get all (Oracle Solaris 11.2)

デフォルトの情報を表示します。(OSのバージョンにより表示内容が異なります)
Oracle Solaris 11.1以前(現在の環境情報を表示します)

# virtinfo
Domain role: LDoms control I/O service root
#

Oracle Solaris 11.2(現在の環境、親環境、およびサポートされる環境のリストを表示します)

# virtinfo
NAME            CLASS
logical-domain  current
non-global-zone supported
kernel-zone     supported

現在の環境、親環境、およびサポートされる環境のリストを表示します。

# virtinfo -t -d -c
Domain role: LDoms control I/O service root
Domain name: primary
Control domain: host01
#

全てのプロパティを表示します。

# virtinfo get all
NAME            CLASS     PROPERTY              VALUE
logical-domain  current   control-role          false
logical-domain  current   io-role               false
logical-domain  current   root-role             false
logical-domain  current   service-role          false
logical-domain  current   domain-name           uar1
logical-domain  current   uuid            93b5f916-b120-eeb6-fcf2-c33c52e5973f
logical-domain  current   control-name          host01
logical-domain  current   chassis-serial-number TZ01409012
non-global-zone supported -                     -
kernel-zone     supported -                     -
#