GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ファイル内容の表示/編集:ファイルの内容編集

コマンド

/usr/bin/vi

注釈Oracle Solaris 11では、viコマンドはvimコマンドへリンクされています。

形式

vi [オプション] ファイル名 指定したファイルを編集します。

viのキー操作

コマンドモードでの主なキー操作

キー操作 事例コマンド
カーソルを左に移動する h    
カーソルを下に移動する j    
カーソルを上に移動する k    
カーソルを右に移動する l    
カーソルの前に文字を挿入 i    
カーソルの後に文字を追加 a    
カーソル位置の1文字を削除 x 3x 3文字削除
カーソル位置の1行を削除 dd    
カーソル位置の行から
n行を削除
ndd 3dd  
文字の下方向検索 /検索文字列 /error error文字を検索
行の追加
(カーソル位置の下)
o    
行の追加
(カーソル位置の上)
0    
1文字置換 r文字    
カレント行をバッファに入力
(コピー)
yy    
n行をバッファに入力(コピー) nyy 3yy 3行コピー
バッファに格納されている
文字の挿入
p    

最終行モードでの主なキー操作

キー操作 事例コマンド
保存(1) :w    
保存(2)(指定されたファイルに保存) :w ファイル名 :w test ファイル名"test"
として保存
保存終了(1) ZZ    
保存終了(2) :wq    
強制保存 :w!    
強制保存、強制終了 :wq!    
保存しないで終了 :q!    
コマンドの取り消し u    
他のファイルの編集 :e ファイル名 :e test testファイルを編集
行番号の表示 :set number    
モード状態の表示 :set showmode    
自動インデント :set autoindent    
OSコマンド実行 :! :!ls 編集中にlsコマンドを実行

viの3つのモード

使用例

vi /test.txt
o(カーソル下)
:wq!

既存のファイルに1行追加して、保存して終了します。

(1)# vi /test.txt

aaa
bbb
ccc
eee
fff          (2) oキーでカーソル下に1行追加します。
ggg

(3):wq!    保存して終了します。
             注釈ZZ と入力しても、同じ役割を果たします。

関連情報

  • テキストファイルの1画面表示(more
  • テキストファイルの1画面表示(less
  • ファイルの先頭の表示(head
  • ファイルの末尾の表示(tail