GTM-MML4VXJ
Skip to main content

プロセスの表示/操作:プロセススケジューリングの制御

コマンド

/usr/bin/priocntl

形式

priocntl -s -c class クラス固有options -i idタイプ idリスト 1つまたは複数のプロセスのスケジューリングパラメータを表示または設定します。
稼動中のプロセスのクラスや対応するスケジューリングパラメータを変更することができます。

オプション

-c 設定するクラスを指定します
-d 指定したプロセスに対応したスケジューリングパラメータを表示します。
-e 指定したコマンドを、指定したプロセスに対応したスケジューリングパラメータを使って実行します。
-i コマンドの処理対象となるプロセス群を指定します。
-l 現在システム上に定義されているクラスの一覧を表示します。
-s 指定したプロセスに対応したスケジューリングパラメータを設定します。
RT  
-p rtpri 指定したプロセスのリアルタイム優先順位を、rtpriに設定します。
-t tqntm [-r res] 指定したプロセスのタイムクアンタムを、tqntmに設定します。
-q tqsig 指定したプロセスのリアルタイムのタイムクアンタムシグナルをtqsigに設定します。
TS  
-m tsuprilim 指定したプロセスのユーザー優先順位の上限値を、tsuprilimに設定します。
-p tsupri 指定したプロセスのユーザー優先順位を、tsupri に設定します。
対話型クラス  
-m iauprilim 指定したプロセスのユーザー優先順位の制限を、iauprilimに設定します。
-p iaupri 指定したプロセスのユーザー優先順位を、iau-priに設定します。
FSS  
-m fssuprilim 指定したプロセスのユーザー優先順位の上限値を、tsuprilimに設定します。
-p fssupri 指定したプロセスのユーザー優先順位を、fssupriに設定します。
固定優先順位クラス  
-m fxuprilim 指定したプロセスのユーザー優先順位の 上限値を、fxuprilimに設定します。
-p fxupri 指定したプロセスのユーザー優先順位 を、fxupriに設定します。
-t tqntm [-r res] 指定したプロセスのタイムクアンタム を、tqntmに設定します。

使用例

priocntl -l
priocntl -s -c FSS -i class TS

現在システム上に定義されているクラスの一覧を表示します。

# priocntl -l

TSスケジューラをFSSスケジューラに変更します。

# priocntl -s -c FSS -i class TS

関連情報

  • プロセスの状態表示(ps