GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ネットワークの設定/表示:RARP 要求の応答確認

コマンド

/usr/sbin/in.rarpd
注釈rootユーザでのみ実行可能です
注釈Oracle Solaris 11で in.rarpd を使用する場合、「system/boot/network」パッケージのインストールが必要です。

形式

in.rarpd [オプション] デバイス名 ユニット番号 RARP要求への応答を行ないます。

オプション

-a 使用可能な全てのインターフェースでRARP要求(MACアドレスからIPアドレスを割り当てる)を受け付けます。
-d デバックモードで実行し、RARP要求への応答を確認します。

使用例

in.rarpd -ad

デバッグモードでIPアドレスの割当を確認します。

# in.rarpd -ad
(※in.rarpd 起動時のメッセージ)
in.rarpd:[1] device e1000g3 lladdress 0:14:4f:a7:ab:eb
in.rarpd:[1] device e1000g3 address 10.20.30.40
in.rarpd:[1] device e1000g3 subnet mask 255.255.255.0
in.rarpd:[1] device e1000g0 lladdress 0:14:4f:a7:ab:e8
in.rarpd:[1] device e1000g0 address 192.168.10.251
in.rarpd:[1] device e1000g0 subnet mask 255.255.255.0
in.rarpd:[3] starting rarp service on device e1000g3 address 0:14:4f:a7:ab:eb
in.rarpd:[4] starting rarp service on device e1000g0 address 0:14:4f:a7:ab:e8

(※別マシンからのRARP要求に応答したときのメッセージ)
in.rarpd:[3] RARP_REQUEST for 0:b:5d:e5:1:2e
in.rarpd:[3] trying physical netnum 10.20.30.0 mask ffffff00
in.rarpd:[3] good lookup, maps to 10.20.30.211
in.rarpd:[3] immediate reply sent