GTM-MML4VXJ
Skip to main content

バックアップ/リストア:アーカイブの展開

コマンド

/usr/bin/cpio

形式

cat ファイル名 | cpio -id アーカイブファイルを復元します。

オプション

-i 標準入力からアーカイブを読み込んで、条件に応じて、アーカイブに含まれているファイルを抽出し、現在のディレクトリツリーに配置します。

上記の -i オプションを指定したあとに、次のオプションを任意の順序で指定できます。

-d 必要に応じてディレクトリを作成します。
-E アーカイブから抽出するファイル名のリストを含む (1 行 1 ファイル名の)入力ファイル(file) を指定します。
-f pattern で指定されたものを除くすべてのファイルを抽出します。

使用例

cat file1 | cpio -id

アーカイブファイル(file1)をカレントディレクトリに復元します。
アーカイブファイルがディレクトリを含む場合はdオプションを使用します。

# cat file1 | cpio -id

関連情報

  • ディスクのコピー(dd
  • アーカイブの作成(cpio
  • ファイルシステムのバックアップ(ufsdump
  • バックアップからデータの復元(ufsrestore
  • バックアップデータの確認(ufsretore