GTM-MML4VXJ
Skip to main content

プロセスの表示/操作:プロセスの終了

コマンド

/usr/bin/kill

形式

kill [オプション] プロセスID
kill [シグナル] プロセスID
プロセスを終了させます。

オプション

-l シグナル一覧を表示します。
-l シグナル名 シグナル名を指定した場合、対応するシグナル番号を表示します。
シグナル番号 シグナル番号を指定した場合、対応するシグナル名を表示します。
-s シグナル名 送信シグナルの種類を指定します。
-シグナル名 送信シグナルの種類を指定します。
-シグナル番号 送信シグナルの種類を指定します。

使用例

kill -l
kill -9 1924
kill -kill 1924

シグナル一覧を表示します。

# kill -l
1) SIGHUP    2) SIGINT     3) SIGQUIT   4) SIGILL
5) SIGTRAP    6) SIGABRT     7) SIGEMT    8) SIGFPE
9) SIGKILL   10) SIGBUS     11) SIGSEGV   12) SIGSYS
13) SIGPIPE   14) SIGALRM    15) SIGTERM   16) SIGUSR1
17) SIGUSR2   18) SIGCHLD    19) SIGPWR   20) SIGWINCH
21) SIGURG    22) SIGIO     23) SIGSTOP   24) SIGTSTP
25) SIGCONT   26) SIGTTIN    27) SIGTTOU   28) SIGVTALRM
29) SIGPROF   30) SIGXCPU    31) SIGXFSZ   32) SIGWAITING
33) SIGLWP    34) SIGFREEZE   35) SIGTHAW   36) SIGCANCEL
37) SIGLOST   41) SIGRTMIN    42) SIGRTMIN+1 43) SIGRTMIN+2
44) SIGRTMIN+3  45) SIGRTMAX-3 46) SIGRTMAX-2 47) SIGRTMAX-1
シグナル番号 シグナル名 意味
1 HUP 端末の切断/プログラムの再起動
2 HUP キーボードからの割込み
3 QUIT キーボードからの中止
6 ABRT プログラムの異常終了
9 KILL 強制終了
13 PIPE タイマーからのアラーム
15 TERM 終了
- CONT 一時停止したプログラムの再開
- STOP プログラムの一時停止

プロセスID1924のプロセスに対してkillシグナルを送信します。

# kill -9 1924

プロセスID1924に対して強制終了シグナルを送信します。

# kill -kill 1924

関連情報

  • プロセスの状態表示(ps
  • 名前によるプロセスの検出またはシグナル送信(pkill