GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ネットワークの設定/表示:ネットワークインターフェース情報の表示

コマンド

/usr/sbin/ifconfig 
注釈rootユーザでのみ実行可能です

形式

ifconfig [オプション] インターフェース名 インターフェースの情報を表示します。

オプション

-a 設定されているすべてのインターフェースの情報を表示します。
-d 非活性のインターフェースの情報を表示を表示します
-u 活性されているインターフェースの情報を表示します。

使用例

ifconfig -a

設定されているすべてのインターフェースの情報を表示します。

# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849<UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,IPv4,VIRTUAL> mtu 8232 index 1
    inet 127.0.0.1 netmask ff000000
hme0: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 2
    inet 10.20.112.199 netmask ffffff00 broadcast 10.20.112.255
     ether 0:80:17:28:6c:de
hme0:1: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 2
    zone joe
    inet 10.20.112.201 netmask ffffff00 broadcast 10.20.112.255

lo0-ループバックデバイス状態を表示します。
hme0-物理インターフェースの状態を表示します。
hme0:1-論理インターフェースの状態を表示します。
<>-内にUPと表示されていればそのインターフェースはパケットの転送を行っていることを示します。
inet-インターフェースに設定されているIPアドレスです。

関連情報

  • ネットワークインターフェースの設定(ifconfig
  • 通信の疎通確認(ping
  • ネットワークの到達経路の確認(traceroute
  • ネットワークに関する情報表示(netstat