GTM-MML4VXJ
Skip to main content

バックアップ/リストア:ファイルシステムのバックアップ

コマンド

/usr/sbin/ufsdump
注釈rootユーザでのみ実行可能です

形式

ufsdump [オプション] 保存先 保存するデバイス名 ファイルシステムのバックアップをとります。

オプション

0-9 バックアップレベル。レベル 0 は指定したファイルシステム全体の完全バックアップをします。
レベル1~ 9 は、最後の下位バックアップ以降に変更があったファイルの増分バックアップをします。
c カートリッジ。カートリッジテープにバックアップを作成します。
f バックアップの保存先を指定します。
u ダンプレコードのアップデート。ファイルシステムの完全バックアップをとる場合には、ファイル/etc/dumpdatesファイルにエントリを追加します。uオプションを使用しないときや、個々のファイルかディレクトリのバックアップを作成するときは、レコードは書き込まれません。

使用例

ufsdump 0cf /dev/rmt/0n /dev/rdsk/c0t0d0s0

c0t0d0s0、c0t0d0s1と順番にテープデバイス(/dev/rmt/0n)にとっていきます。

# ufsdump 0cf /dev/rmt/0n /dev/rdsk/c0t0d0s0
・
・
・
# ufsdump 0cf /dev/rmt/0n /dev/rdsk/c0t0d0s1

テープデバイスにnオプションをつけることによって、各スライスのバックアップが完了しても、テープが巻き戻されることなく、続けてバックアップがとられます。

関連情報

  • ディスクのコピー(dd
  • アーカイブの作成(cpio
  • アーカイブの展開(cpio
  • バックアップからデータの復元(ufsrestore
  • バックアップデータの確認(ufsretore