GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ネットワークの設定/表示: IP トラフィックに関する統計情報の表示

コマンド

/usr/bin/ipstat

注釈rootユーザでのみ実行可能です。
注釈Oracle Solaris 11.2で追加されたコマンドです。

形式

ipstat [オプション] [オペランド] IP トラフィックに関する統計情報を表示します。

オプション

-a address 発信元アドレスをフィルタ処理します。
-A address 宛先アドレスをフィルタ処理します。
-i interface インタフェース名でフィルタ処理します。
-l nlines レポートごとに出力するデータの行数。
-n ネットワークアドレスを数値で表示します。
-p protocol プロトコル名でフィルタ処理します。
-r 受信されているパケットのデータのみを表示します。
-t 送信されているパケットのデータのみを表示します。
-u R|K|M|G|T|P 統計情報の表示単位を選択できます。(実際の表示はバイト単位)
R:生カウント
K:キロビット
M:メガビット
G:ギガビット
T:テラビット
P:ペタビット

オペランド

interval インターバル
count 回数

使用例

ipstat
ipstat -n -u M 1
ipstat -a 172.16.53.131 -p tcp

IP トラフィックに関する統計情報を表示します。

# ipstat
SOURCE                     DEST        PROTO   INT   BYTES
solaris-01              172.16.53.131  TCP     net0  116.0
172.16.53.131              solaris-01  TCP     net0  8.0
fe80::214:4fff:fef9:ca38   ff02::1     ICMPv6  net0  6.0







Total: bytes in: 14.0 bytes out: 116.0

ホスト名を解決せず、メガバイトで1秒更新で表示します。

# ipstat -n -u M 1
SOURCE         DEST           PROTO   INT   BYTES
172.16.53.161  172.16.53.162  TCP     net0  67.5M
172.16.53.162  172.16.53.161  TCP     net0  0.7M
172.16.53.162  172.16.53.177  TCP     net0  0.0M
172.16.53.177  172.16.53.162  TCP     net0  0.0M







Total: bytes in: 67.5M bytes out: 0.7M

発信元アドレス(172.17.53.131)とプロトコル(TCP)を指定し、表示します。

# ipstat -a 172.16.53.131 -p tcp
SOURCE         DEST    PROTO  INT   BYTES
172.17.53.131  host01  TCP    net0  28.6M







Total: bytes in: 28.6M bytes out: 379.9K

関連情報

  • ネットワークインターフェースの設定(ifconfig
  • 通信の疎通確認(ping
  • ネットワークインターフェース情報の表示(ifconfig
  • ネットワークの到達経路の確認(traceroute
  • ネットワークに関する情報表示(netstat
  • ネットワークインターフェース情報の設定(ipadm
  • TCP および UDP トラフィックに関する統計情報の報告(tcpstat