GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ファイルシステム関連の操作:指定されたswap領域の追加

コマンド

/usr/sbin/swap
注釈rootユーザでのみ実行可能です

形式

swap [オプション] デバイス名 swap領域の管理を行います。

オプション

-a 指定した領域をswap領域として追加します。

使用例

swap -a /dev/dsk/c1t0d0s1

/dev/dsk/c1t0d0s1をswap領域として追加します。

# swap -a /dev/dsk/c1t0d0s1
#
# swap -l
/dev/dsk/c0t0d0s1 32,209 16 6296752 6296752
/dev/dsk/c1t0d0s1 32,209 16 6296752 6296752

swap -aでswap領域を追加後、swap -l で指定したswap領域が追加されたことが確認できます。

関連情報

  • 全swap領域の状態表示(swap
  • 指定されたswap領域の削除(swap