GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ネットワークの設定/表示:ネットワーク帯域幅の制御

コマンド

/usr/sbin/flowadm

注釈rootユーザでのみ実行可能です。
注釈Oracle Solaris 11で追加されたコマンドです。

形式

flowadm [オプション] ネットワーク帯域幅を制御します。

オプション

show-flow フロー構成情報または統計情報を表示します。
add-flow システムにフローを追加します。
-l フローの追加先となるリンクを指定します。
-a 指定した値に設定する属性を指定します。プロパティは、コンマ区切りで複数設定可能です。
remove-flow リンクまたは名前で特定された既存のフローを削除します。
set-flowprop フローにプロパティを設定します。
-p 指定したフローにプロパティを設定します。
reset-flowprop フロープロパティをデフォルト設定値にリセットします。
show-flowprop 設定済みのフロープロパティを表示します。

使用例

flowadm add-flow -l net0 -a local_ip=10.20.99.196 net0_flow
lowadm show-flow
flowadm set-flowprop -p maxbw=100M net0_flow
flowadm show-flowprop
flowadm reset-flowprop net0_flow
flowadm remove-flow net0_flow

フローを作成します。

# flowadm add-flow -l net0 -a local_ip=10.20.99.196 net0_flow

フローを確認します。

# flowadm show-flow

FLOW        LINK                IPADDR           PROTO  LPORT   RPORT   DSFLD
net0_flow     net0        LCL:10.20.99.196/32       --     --      --      --

フローに帯域幅制限のプロパティと値を設定します。

# flowadm set-flowprop -p maxbw=100M net0_flow

フロープロパティを確認します。

# flowadm show-flowprop

FLOW         PROPERTY        VALUE          DEFAULT        POSSIBLE
net0_flow    maxbw             100               --              --

フロープロパティの設定値を初期化します。

# flowadm reset-flowprop net0_flow

フローを削除します。

# flowadm remove-flow net0_flow

関連情報

  • ネットワーク帯域の統計情報の表示(flowstat