GTM-MML4VXJ
Skip to main content

システム起動環境の管理:GUI環境でのOSのブート環境管理

コマンド

/usr/sbin/bootadm

注釈rootユーザでのみ実行可能です。

形式

bootadm オプション ブートアーカイブの更新やブートアーカイブを一覧表示します。

オプション

update-archive
-v 無効なファイルが標準エラー出力に表示されます。
-n アーカイブ内容のチェックは行われますが、実際に更新は行いません。
-R 別のルートパスに処理が適用されます。
-p プラットフォーム プラットフォームの種類は -R とともにのみ指定でき、クライアント側とサーバー側のプラットフォームクラスが異なる場合、プラットフォームはi86pc、sun4u、sun4vのいずれかを指定します。
list-archive
-R 別のルートパスに処理が適用されます。
-p プラットフォーム プラットフォームの種類は -R とともにのみ指定でき、クライアント側とサーバー側のプラットフォームクラスが異なる場合、プラットフォームはi86pc、sun4u、sun4vのいずれかを指定します。

使用例

bootadm update-archive
bootadm update-archive -R /mnt
bootadm list-archive

現在のブートアーカイブを更新します。

# bootadm update-archive

別のルートパス上にあるブートアーカイブを更新します。

# bootadm update-archive -R /mnt

ブートアーカイブの内容を一覧表示します。

# bootadm list-archive

platform/SUNW,A70/kernel
platform/SUNW,Netra-210/kernel
platform/SUNW,Netra-240/kernel
platform/SUNW,Netra-440/kernel
platform/SUNW,Netra-CP2300/kernel
platform/SUNW,Netra-CP3010/kernel
:
: