GTM-MML4VXJ
Skip to main content

デバイスやディスクの設定:ブロックデバイスとして使用可能なファイルの管理

コマンド

/usr/sbin/lofiadm
注釈rootユーザでのみ実行可能です

形式

lofiadm [オプション] ファイル名 ファイルをループバックデバイスとして追加したり、関連付けを削除したり、現在の関連付けに関する情報を表示します。

オプション

-a ファイルをブロックデバイスとして追加します。
-d ブロックデバイスの割当を解除します。

使用例

lofiadm -a /dir1/image.iso
lofadm -d /dev/lofi/1
lofiadm

image.isoをブロックデバイスとして追加します。

# lofiadm -a /dir/image.iso

現在ブロックデバイスとして追加したものを確認します。

# lofiadm
Block Device     File
/dev/lofi/1     /dir/image.iso

ブロックデバイス /dev/lofi/1 の割当を解除します。

# lofiadm -d /dev/lofi/1

関連情報

  • ファイルシステムのマウント(mount
  • マウントの解除(umount