GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ネットワークの設定/表示:インターフェイス構成の表示

コマンド

/usr/sbin/dladm
注釈rootユーザでのみ実行可能です

形式

dladm [オプション] インタフェースの状態を確認します。

オプション

show-link 現在システムにインストールされているインタフェースを表示します。
show-phys 物理デバイスと、すべての物理リンクまたは指定された物理リンクの属性を表示します。
-m MACアドレス、そのスロット識別子、およびその可用性を一覧表示します。

注釈show-phys -mオプションは、Oracle Solaris 11にのみ対応です。

使用例

dladm show-link
dladm show-phys -m

現在システムにインストールされているインタフェースを表示します。(Oracle Solaris 10の場合)

# dladm show-link
hme0 タイプ: レガシー mtu: 1500 デバイス: hme0
hme1 タイプ: レガシー mtu: 1500 デバイス: hme1
hme2 タイプ: レガシー mtu: 1500 デバイス: hme2

タイプ:レガシー-ドライバが GLDv3 準拠でないことを示します。
タイプ:non-vlan/vlan-ドライバが GLDv3 準拠であることを示します。

現在システムにインストールされているインターフェースを表示します。(Oracle Solaris 11の場合)

# dladm show-link

LINK                CLASS     MTU    STATE    OVER
net2                phys      1500   unknown  --
net1                phys      1500   down     --
net3                phys      1500   unknown  --
net4                phys      1500   unknown  --
net0                phys      1500   up       --
net5                phys      1500   unknown  --

クラスのデータリンクに関する詳細を表示します。

# dladm  show-phys -m

LINK                SLOT     ADDRESS            INUSE CLIENT
net2                primary  0:14:4f:fa:ee:d4   no   --
net1                primary  0:14:4f:f9:d4:fb   no   --
net3                primary  0:14:4f:f8:a0:14   no   --
net4                primary  0:14:4f:fa:20:c4   no   --
net0                primary  0:14:4f:fb:99:a9   yes  net0
net5                primary  0:14:4f:fb:a7:6c   no   --

関連情報

  • インターフェースの情報を表示(ipadm