富士通グループ環境行動計画

事業環境と成長戦略

ビジネスモデル変革に伴って環境活動も変化

通信機器メーカーとして誕生した富士通は、ITを活用したサービス・ソリューションを提供する「テクノロジーソリューション」、PC・携帯電話などの開発・製造を行う「ユビキタスソリューション」、半導体事業を展開する「デバイスソリューション」の3分野にわたる垂直統合型の事業を展開しながら、ICTグローバル企業へと成長を遂げてきました。2015年度以降は事業構造改革を進め、テクノロジーソリューションをコア事業として経営資源を集中させています。さらに2019年度からは「デジタルトランスフォーメーション(DX)企業」を標榜し、デジタル技術を駆使して革新的なサービスやビジネスプロセスの創出を追求しています。

こうしたビジネスモデルのシフトとともに、富士通グループの環境負荷のありようも変わってきました。たとえばエネルギー消費量は、以前はその大半が半導体や電子部品、PCなどの製造に伴うものでしたが、現在それらは大幅に減少しています。一方、クラウドコンピューティングやIoTが進展するなか、データセンターにおける消費電力量は増加傾向にあり、今後も増え続けていく見込みです。そこで現在は、データセンターの省電力化や高効率化、再生エネルギー利用に注力しています。このように富士通グループは、社会の要請に応えながら、成長戦略とリンクした環境活動に取り組んでいます。

責任あるグローバル企業として

国連での持続可能な開発目標(SDGs)の採択やCOP21でのパリ協定の発効など、ここ数年の間に地球規模での持続可能な社会への取り組みがより一層強く求められるようになりました。富士通グループも、持続可能な発展への貢献に向けた活動の実効性を高めていくため、グループ横断でのマテリアリティ分析を実施し、環境をはじめ、人権・多様性、ウェルビーイング、サプライチェーンなど、7つの重要課題からなる「グローバルレスポンシブルビジネス(GRB)」を設定しました。GRBでの活動を通じて、非財務分野での取り組みを強化し、責任あるグローバル企業としての「サステナビリティ経営」を目指します。

環境行動計画のあゆみ

自社の環境配慮からお客様・社会の環境貢献へ

富士通グループは、1993年から環境行動計画を策定し、環境活動を継続的に拡大してきました。第1期から第5期(1993~2009年度)では、工場やオフィスにおける環境配慮を徹底し、CO2排出量や化学物質排出量、廃棄物発生量など、富士通グループ自らの事業活動に伴う環境負荷を大きく低減しました。第6期(2010~2012年度)は、自らの環境負荷低減の強化に加えて、お客様・社会全体への貢献、生物多様性保全という3本柱に取り組みました。

そして第7期および第8期(2013~2018年度)では、ICTの利活用によって、お客様や社会の環境課題解決に貢献する姿勢を鮮明に打ち出しました。自らの環境負荷低減としては、お取引先などを含めたサプライチェーン全体へと対象を広げています。これからも富士通グループは時代の変化をとらえ、持続可能で豊かな社会の実現を目指して環境活動を深化・発展させていきます。

第9期環境行動計画

気候変動と資源課題に重点を置き中長期目標の達成を目指す

現在、脱炭素社会の実現に向けて、SBT (Science based targets)、RE100といった国際イニシアチブから、温室効果ガス(GHG)排出削減や再生可能エネルギー利用促進に対する要請が高まっています。また、アジア各国の廃プラスチック輸入規制や海洋プラスチック問題の顕在化により、プラスチック廃棄物の抑制が世界的な課題となっています。一方で企業のSDGsへの貢献に注目が集まり、事業戦略と合わせた取り組みが期待されています。

こうしたなか、富士通グループは第9期環境行動計画(2019~2020年度)を策定するにあたり、新たに社会課題(「気候変動」「資源循環」「SDGs」)やサプライチェーンといった、重要性が高いカテゴリを設定し合計11項目からなる目標を掲げました。

例えば、気候変動においては「FUJITSU Climate and Energy Vision(注1)」や、国際イニシアチブの目標をマイルストーンに位置づけ、その達成に向けた項目やKPI(注2) を設定しています。これらの取り組みを通じて、今後GHG排出量の大幅な増加が見込まれるデータセンターの電力使用効率の改善や、再生可能エネルギーの戦略的な利用拡大などを図っていきます。

資源循環においては、これまでの製造時に発生する廃棄物の削減や、ICT製品の省資源化、資源再利用などに加え、梱包材として使用されているプラスチックにも着目し廃棄物削減を目指します。

またサプライチェーンにおける気候変動や、資源保全に関する環境負荷やリスクの把握・削減を強化していくとともに、ICTサービスを通じたSDGs達成に貢献していきます。

  • (注1)
    FUJITSU Climate and Energy Vision:詳細はこちら
  • (注2)
    KPI:Key Performance Indicator の略。数値目標のこと。

環境行動計画

気候変動

目標項目(2020年度末までの目標)2019年度実績
① 事業拠点のGHG (温室効果ガス) 排出量を14%以上削減 (2013年度比) かつ自助努力により前年度から2.1%以上削減する。2013年度比24.7%削減 かつ 自助努力により2.4%削減
② データセンターのPUE (電力使用効率)(注3) を2017年度比で 2%以上改善する。1.9%改善
③ 再生可能エネルギー使用量を2017年度比20%以上拡大する。19.6%拡大

資源循環

目標項目(2020年度末までの目標)2019年度実績
④ 製品の省資源化・資源循環性向上を推進し、新製品の資源効率を25%以上向上する。 (2014年度比)23.9%向上
⑤ 廃棄物発生量を2012~2014年度平均の5%以上削減する。(目標値:14,226 t/年以下)18.0%削減
⑥ 事業系ICT製品の資源再利用率90%以上を維持する。91.1%達成
⑦ 水使用量を累計で2017年度比1%削減する。(目標値:8.3万m3削減)0.9%削減
⑧ 化学物質排出量(PRTR)を2012~2014年度の平均以下に抑制する。(目標値:17.4 t/年以下)8.7t

サプライチェーン

目標項目(2020年度末までの目標)2019年度実績
⑨ 製品の使用時消費電力によるCO2排出量を14%以上削減する。(2013年度比)23%削減
⑩ サプライチェーン上流におけるCO2排出量削減、および水資源保全の取り組みを推進する。
  • CO2排出量削減:富士通グループの主要お取引先(約750社)を通じ、2次お取引先(57,000社以上)に削減活動の実施を依頼
  • 水資源保全:富士通グループの主要お取引先約750社への活動依頼を完了

SDGs

目標項目(2020年度末までの目標)2019年度実績
⑪ ICTサービスを通じてSDGsの達成に貢献する。
  • 社内向け人材施策:講演、ワークショップなど28件実施
  • 社外向けビジネスプロモーション施策:講演、イベントなど27件実施
  • (注3)
    PUE:Power Usage Effectivenessの略。データセンターの電力使用効率を示す指標。データセンター全体の消費電力をサーバなどのICT機器の消費電力で割った値。1.0に近いほど効率的とされる。
ページの先頭へ