環境マネジメントシステム

ISO14001(注1)に基づく環境マネジメントシステムの継続的改善に努め、グループ一体となった環境マネジメントを推進しています。

  • (注1)
    ISO14001:
    ISO(International Organization for Standardization, 国際標準化機構)が定めた環境マネジメントシステム(EMS:Environmental Management Systems)に関する規格。環境に配慮し、環境負荷を継続的に減らすシステムを構築した組織に認証を与えるというもの。

富士通グループの環境マネジメントシステム(EMS)

富士通グループでは、国際規格ISO14001に基づく環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、グループ一体となった環境改善活動を推進しています。2004年度末に国内の連結子会社を対象にISO14001を取得したあと、対象を海外の連結子会社に拡大し、2005年度末にグローバル統合認証を取得しました。

環境経営推進体制

富士通グループは、2020年4月にサステナビリティに配慮した経営を主導する「サステナビリティ経営委員会」を設置しました。サステナビリティ経営委員会では、グローバルに共通なサステナビリティ重要課題(Global Responsible Business : GRB)」を設定し取り組んでいますが、その中のひとつに「環境」があります。「環境」では、EMSの高度化やガバナンス強化に向けて、中長期的な課題の検討や方針の策定、気候変動による事業リスク・機会の共有や対応方法の検討などを実施し「サステナビリティ経営委員会」に定期的に報告します。それを受けて、富士通グループにおける環境経営の最終的な意思決定が「経営会議」で行われます。

「環境」の中には課題別に、ビジネスグループや本部の枠を越えた関係者で構成される課題別WG等が構成され、この推進体制によって、環境課題への取り組みをグループ内に素早く浸透させています。

また、「環境マネジメントWG」を設け、グループ全体の情報伝達の一元化、およびEMS活動の強化を図っています。

環境経営推進体制

EMSの構築・運用

富士通グループでは、国際規格ISO14001に基づくEMSを構築し、グループ一体となった環境経営を推進しています。グローバルでのEMS構築により、グループガバナンスの一層の強化を実現し、活動状況の把握をはじめ、順法や緊急事態への対応など、より効率的で実効性の高い環境経営を可能にしています。

富士通グループは、2020年3月現在、富士通および国内グループ会社の合計61社、海外グループ会社7社が、ISO14001グローバル統合認証を取得しています。

行動実施フロー

「サステナビリティ経営委員会」は「環境」からのグループ全社に関わる環境関連事項の活動状況や目標達成状況について定期的な報告や、新規活動の審議などを行います。例えば、エネルギー使用量やCO2排出量の削減、環境リスクへの対応など、環境経営全般における中長期的な課題の方向性を決定し、環境マネジメントレビューの実施や富士通グループ環境行動計画の承認を行っています。

「課題別WG等」は、特定の課題ごとに専門的に対応するため、「環境」の下部機関として設置されます。課題別WG等では、環境行動計画の目標の検討や、目標の進捗状況を確認します。課題別WG等からの進捗状況報告を受けて、「環境経営責任者」がその承認や指示を行います。

行動実施フロー

ライン(事業)+サイト(事業所)のマトリクス構造によるマネジメント

富士通グループでは、(1)各部門、各社のビジネスに直結した「ライン活動(環境配慮製品の開発、環境貢献ソリューションの拡大など)」と、(2)工場や事業所などの拠点ごとに共通のテーマに取り組む「サイト活動(省エネ・廃棄物削減など)」を組み合わせたマトリクス構造による環境マネジメントを実施しています。

これにより、経営と同じ枠組みでの環境マネジメントを実践し、事業活動に伴う環境負荷および製品・サービスの販売を通じた環境負荷の低減を推進しています。

ラインサイトのマトリクス構造

ページの先頭へ