富士通グループのパーパス

私たちは、イノベーションによって
社会に信頼をもたらし、
世界をより持続可能にしていきます。

変わる。変わり続ける。

私たちは、パーパスの実現に向けて、グローバルな社会に
共感する力を高め、しなやかな変化を続け、価値の創造に取り組みます。

現状を転換する力にする

富士通グループのパーパス「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」は、社会に対する約束であり、社会の動きに対する社員の共感を高めるために設定したテーマです。社員1人ひとりが、グローバルな社会に視野を広げ、「自らの仕事」を考え、スケールの大きな変革をリードする気概を持つ、その決意でもあります。

代表取締役社長 時田 隆仁

経営判断と行動の
スピードを重視した
COVID-19対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対し、私たちは、社員とその家族の生命と安全の確保に加え、COVID-19の感染拡大防止の最前線の現場に立つお客様の支援に向けていち早く行動を起こしました。そのスピーディな経営判断、アクション、情報発信に至るまで、打つべき手を打てたのは、パーパスをいかに実現すべきかを常に問い続けていたからだと考えます。

パンデミックが引き起こした価値観の転換

COVID-19がもたらした極めて大きいインパクトは、感染拡大そのものだけでなく、人々の価値観の転換にあります。多くの企業が短期間で導入したテレワークは、このような危機が無ければ浸透に何年もかかっていたことでしょう。それだけではありません。データやデジタル技術を駆使した組織やビジネスモデルの変革、つまり「デジタルトランスフォーメーション(DX)」へのニーズは一気に高まりました。

「For Growth」と
「For Stability」で
お客様の事業成長に貢献

パーパスの実現に向け、「For Growth」領域ではDXとモダナイゼーションによってお客様の事業成長に貢献し、「For Stability」領域では従来型ITサービスによってお客様の事業安定に貢献します。この2つの領域への取り組みを通じて、お客様のDXのベストパートナーとなり、長期で安定した成長を共に実現したいと考えています。

富士通自社のDX推進

新たな価値創造に向けた変革は自社でも加速しています。データドリブン経営の仕組みづくり、全社DX推進プロジェクトの発足、お客様の声をリアルタイムで活かすマーケティング戦略の構築、「ニューノーマル」におけるオフィスのあり方や働き方を見直す「Work Life Shift」など、富士通グループのあるべき姿の実現に向けた本質的な変革を次々と進めています。

FUJITSU Work Life Shift

当社では、2015年度から社員のコミュニケーション基盤をグローバルで統一し、2016年度には、マルチクラウド環境への移行を開始しました。2020年度に入り全社員がテレワークを実施できる環境を整備、7月からはさらなる働き方改革として「Work Life Shift」を推進しています。

詳しく見る

非財務指標が表す変化へのコミットメント

私たちに必要なのは、サステナビリティのあるべき姿に向かって進みながら、状況の変化を迅速かつ的確に把握し「しなやかに変わる」力ではないかと考えています。マインドセット・カルチャー変革を推し進め、社員が仕事への手応えや組織への帰属意識を感じるとともに、お客様により信頼される存在になるために、財務指標と合わせて、「従業員エンゲージメント」や「顧客ネット・プロモーター・スコア(NPS)」の2つの非財務指標で達成度を測っていきます。財務指標と合わせ、非財務指標はパーパスの実現にとって不可欠な指標です。

2023年3月期にテクノロジーソリューションで達成を目指す経営指標の図。 1)財務指標は、売上高(3兆5,000億円)、営業利益率(10%)、EPSです。 2)非財務指標は、顧客NPSと従業員エンゲージメントです。

富士通グループ統合レポート

統合レポート2020

掲載内容

  • マネージメント・メッセージ
    パーパス実現にむけて
    代表取締役社長 時田隆仁
  • 「DX企業」に向けた進展
  • サステナビリティマネジメント
    (グローバルレスポンシブルビジネスの取り組み)

詳しく見る

新型コロナウイルス感染症に関する当社の対応について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、富士通は、お客様、お取引先、従業員とその家族の安全確保・感染予防と感染拡大の防止・事業継続に向けた対応を進めてまいりました。今後も、富士通はお客様への製品・サービス提供の継続と、感染拡大により生じる様々な社会課題に対し、当社の強みであるAIやIoT、5G、セキュリティ、クラウドなどのテクノロジーを積極的に活用し、解決に向けて取り組んでまいります。

詳しく見る

Fujitsu Way

Fujitsu Way とは、社会における富士通グループの存在意義(パーパス)、大切にすべき価値観、および日々の活動において社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則(行動規範)の3つから構成されています。

詳しく見る