外部団体との協業

国際スポーツイベントを通じた社会価値創出

スポーツを通じた社会課題の解決

日本では、2019年ラグビーワールドカップ、2020年、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)、そしてワールドマスターズゲームズ2021年関西と大規模な国際スポーツイベントの連続開催が予定されており、イベント成功に向け、産官学を挙げての取り組みが活発化しています。

富士通は、人を中心としたICTとスポーツを融合させることにより、誰もが幸せに暮らせる豊かな社会に貢献することを目指しています。スポーツが持つ真の力を理解し、富士通がお客様・お取引先や地域住民とともに、スポーツを通じた社会のICT化を押し進め、社会的課題を解決していくことは、日本によりよい未来への「成長」をもたらし、ひいては富士通自身の新たなビジネス創造と企業価値の向上につながると考えているからです。

「心のバリアフリー」と誰もが暮らしやすい社会づくり

東京2020大会では、10万人の募集が計画されるボランティアの活躍や、パラリンピックを通じた障がい者の社会参加促進が成功の鍵となります。大会を実践の場と捉え、富士通も「企業ボランティア文化の醸成」や「ダイバーシティの推進」に向けた社会貢献活動を強化しています。
高齢者や障がい者が暮らしやすい社会にするためには、施設整備(ハード面)だけではなく、心のバリアを取り除き、社会参加に積極的に協力する「心のバリアフリー」が重要です。
富士通では、様々な心身の特性や考え方を持つすべての人々が、相互に理解を深めるためにコミュニケーションをとり、支え合える「心のバリアフリー」に関する商品開発のほか、社内外での研修や普及に向けた活動など、様々な取り組みを行っています。
また富士通は、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会において、バリアフリー分野の幹事企業として、2020年とその先へ、経済界が一つになってレガシーを作る取り組みを進めています。

バリアフリーマップ

自治体と連携した「バリアフリーマップ」の作成支援

バリアフリー集合研修

相互理解を深める「心のバリアフリー集合研修」

富士通は、2015年2月に東京2020スポンサーシッププログラムの国内最高水準に位置づけられる「東京2020ゴールドパートナー」のデータセンターハードウェアパートナーとなり、東京2020大会成功に向けたサポートを行っています。

オリパラスポンサーロゴ

富士通のスポーツに関する取り組みは下記URLをご参照ください。

持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)への参画

WBCSD役員会会議で発言する当社会長山本

WBCSD(The World Business Council for Sustainable Development、持続可能な発展のための世界経済人会議)は、グローバル企業約200社のCEOが率いる団体で、ビジネス活動を通して持続可能な社会をつくることを目的としています。2018年1月より当社会長の山本がWBCSDのVice Chairに就任しました。2018年10月、シンガポールで開催された年次総会では「主導・変革・成功」をテーマに各プログラムにおける活動を議論しました。その中で、富士通は、雇用の未来では効率化だけではなく、人に対する価値が重要性を持つことや、プライバシー・セキュリティ対策の強化など、ビジネスに求められている課題への対応について、テクノロジーの観点から訴求しました。富士通はこれらの活動を通じて、持続可能な発展を目指し、国際社会における様々な課題の解決に取り組んでいます。

WBCSDラウンドテーブルの開催

WBCSDラウンドテーブルラウンドテーブルの様子

2018年12月東京にて、WBCSDのCEOであるピーター・バッカー氏が来日し、日本企業会員向けにラウンドテーブルを開催しました。ラウンドテーブルでは、社会を取り巻く状況が急速に変化する中で、サステナビリティへの取り組みはグローバル企業にとって成長の機会であると同時に使命であることを共有しました。そして、持続可能な発展を続けていくために、WBCSD加盟企業の間や各国政府とも連携を強化し取り組みをさらに加速させていくことで一致しました。

世界経済フォーラムへの参画

世界経済フォーラム(WEF:World Economic Forum)は、経済学者であるクラウス・シュワブ氏により設立された非営利財団で、グローバル・シチズンシップの精神に則り、パブリック・プライベート両セクターの協力を通じて、世界情勢の改善に取り組んでいます。そして、あらゆる主要国際機関や経済界、政界、学界、そして社会におけるリーダーと緊密に連携し、世界・地域・産業のアジェンダを形成しています。

毎年1月には、スイス・ダボスで年次総会(ダボス会議)が行われ、多国籍企業経営者や各国の政治指導者、知識人、ジャーナリストなど3,000名を超えるトップリーダーが一堂に会し、世界が直面する重大な問題について議論しています。(2019年の年次総会テーマ「Globalization 4.0 : Shaping a Global Architecture in the Age of the Forth Industrial revolution」)

富士通は2001年より本フォーラムに参加し、経営層から事業部門にわたりダボス会議をはじめとする様々な活動に参画しています。2019年1月の年次総会への参加と併せて、総会開催期間中、ダボス市内に専用会場を開設し、企業トップや有識者を招いて「最先端技術と倫理の関係」「AIの進展に伴う新しい働き方」「セキュリティ、持続可能性等の課題への対処(社会インパクトのもたらし方)」などのグローバルな課題について活発に意見を交わしました。今後これらの議論をもとに、社会課題の解決への貢献の検討を進めていきます。

ページの先頭へ