富士通グループサステナビリティデータブック

富士通では、企業の社会に対する責務や透明性を高めることを目的に、1996年から環境報告書を発行、2003年からは「環境的側面」「経済的側面」「社会的側面」の3つの要素について報告書に記載し、富士通グループの社会・環境分野に関する考え方・取り組み・成果などを報告してきました。2018年には「サステネビリティレポート」、2019年以降は「サステネビリティデータブック」として社会・環境分野を一つの冊子にまとめて報告しています。

2020年 富士通グループサステナビリティデータブック

富士通グループサステナビリティデータブックは、国際的な情報開示要請や国内の情報開示規定などに対応し、社会・環境分野に関する活動方針や組織体制、各種制度、社内外での取り組み、活動目標と実績などを詳細に報告しています。

今までのサスティナビリティデータブック / サステナビリティレポート(2018年~2019年)

富士通グループ 環境経営報告書(2003年~2004年)

2002年以前の報告書

工場 グループ会社のサステナビリティ・環境報告書

本報告書は、Webでもご覧いただけます。

ページの先頭へ