GTM-MML4VXJ
Skip to main content

海外での活動

アジア

絶滅危惧植物の保護に向け、ドローンとAIを活用したビデオ分析を実施(オーストラリア)

富士通オーストラリアは、ニューサウスウェールズ州の絶滅の恐れがある植物(絶滅危惧種)を対象に、ドローン技術と富士通の高性能サーバおよびAI(人工知能)によるビデオ分析技術を活用して、広範な地域をビデオで撮影し、分析することで、その生息位置の特定に成功しました。

詳細はこちら
関連動画はこちら

[2018年8月掲載]

ハラパンの森(Forest of Hope)への支援を実施(インドネシア)

富士通は、一般社団法人バードライフ・インターナショナル東京様に対して、インドネシア・スマトラ島の熱帯雨林「ハラパンの森(Forest of Hope)」における森林再生活動への支援を行いました。今般、森林パトロールの効率化を図るICT端末の購入のために330万円の寄付を実施しました。

詳細はこちら

[2018年3月掲載]

熱帯雨林再生活動(マレーシア)

多種多様な生物を育んでいる熱帯雨林は、この数十年、その減少が進み2000年以降では、毎年、北海道と同等の面積が地球上から消えているといわれています。

富士通グループでは、2002年からボルネオ島のマレーシア サバ州にある「富士通グループ・マレーシア・エコ・フォレストパーク」で、豊かな森を取り戻すための ・・・・

緑の回廊ランと水チャレンジのイベントに参加(シンガポール)

シンガポールで、2016年3月に開催された「緑の回廊ラン2016」に、Fujitsu Asia Pte Ltd から20名以上が参加しました。また、安全な水へのアクセス向上に貢献することを目指して同時開催された「水チャレンジ」にも社員6名および家族が参加。イベントを通じて1,800シンガポールドルを集め、NGOのCharity: Waterに寄付しました。

[2016年8月掲載]

タイ王室林野局の呼びかけに応じ、3ヵ年の緑地保全活動を実施(タイ)

タイ国内の緑地保全・拡大への貢献を目指し、2014年12月、Fujitsu Systems Business(FSBT)は、タイ王室林野局と3ヵ年の協定を締結しました。そして、2014年12月20日、植樹イベントを開催。FSBTの社員42名が参加し、バンコク近郊のサムットプラーカーン県バンクラチャーオの公園で400本の苗木の植樹を行いました。

[2015年7月掲載]

蘇州太湖国家湿地公園で稚魚の放流(中国)

蘇州太湖国家湿地公園は、2010年2月に正式に開園した、国内有数の湿地公園の一つです。その豊かな生態環境を保全するため、2014年7月11日、江蘇富士通通信技術有限公司(FJTT)は、従業員50名が参加し、稚魚1万尾を放流しました。

[2015年7月掲載]

ヨーロッパ

社員114名が自転車レースに参加(フィンランド)

富士通フィンランドは、2009年より毎年、自転車の総走行距離をチーム対抗で競う「キロメーターレース」に参加しています。このレースは、通勤やプライベートの移動手段を自動車から自転車に切り替え、日々の移動による環境負荷の低減を図るものです。

2014年は5~9月にかけて開催され、従業員114名が参加。総走行距離は134,819キロメートル、約23.6トンのCO2排出削減に貢献しました。レース全体では、走行距離2,700万キロメートル超、CO2排出削減は4,765トンでした。

また今回は、本レースに合わせてフィンランドの赤十字が主催するチャリティイベントにも参加。富士通フィンランドは総額1万ユーロを災害支援へ寄付し、2,400以上の参加チーム中で最大の寄贈者となりました。

[2015年7月掲載]

養蜂箱の設置による生物多様性保全への貢献(ベルギーとルクセンブルグ)

蜂は生物多様性において重要な役割を担っていますが、近年その固体数が減少しています。Fujitsu Technology Solutions EEは専門機関と連携し、ベルギーのブリュッセルおよびルクセンブルグの富士通の建屋において、8,000ユーロを投入して屋上に養蜂箱を設置しました。

[2015年7月掲載]