ETERNUS HX series ハイブリッドアレイ

お客様のデジタルトランス
フォーメーションを牽引する

ETERNUS オールフラッシュ・ハイブリッド
ストレージ 新登場

標準価格 526万7,000円(税別・最小構成時)より
【主な構成内訳】ETERNUS HX2100 本体、4TB NL-SAS×12、Core Bundle

ETERNUS HX series 概要
ETERNUS HX2100/HX2200

ETERNUS HX seriesは、1台でNASとしてもSANストレージとしても使える中・小規模向けの多機能なユニファイドストレージです。
長年の実績をもつ、堅牢な統合型専用OSである「ONTAP」を搭載。スケールアウト型アーキテクチャを採用しているため、容量・性能の要求に応じてドライブ追加による容量拡張・コントローラ追加による性能拡張のいずれにも対応できる万能ハイブリッドストレージです。
また、業界標準といえるあらゆるプロトコルに対応しており用途を選びません。データの徹底的な保護と管理機能等、ハイパフォーマンスを実現。豊富な機能により、ストレージを効率的に使用することで、機器・運用にかかっていたコストの削減にも貢献します。

クラウド連携によりデータの価値に基づいた最適なソリューション

長期間にわたってアクセスのないログ・証跡データなど、高速アクセスが必ずしも求められないデータをクラウドへと自動的に退避する「FabricPool機能」を実装しているため、データの無秩序な増大による容量圧迫を防止し、データの価値に基づいた最適なデータ配置を実現します。他のクラウドサービスと比べてコストをかけずに導入できることもメリットです。もっと読む

中・小規模向けのファイルサーバとしての活用におすすめ

ActiveDirectoryなどの認証基盤と連動し、NFS/CIFSに対応するクライアントから適切なアクセス権限に基づいたファイル共有を実現します。堅牢にして安全なETERNUS HX seriesを基盤として、組織内の情報連携に寄与します。

仮想化基盤としても豊富な実績

中・小規模向けの仮想化基盤としても豊富な実績を誇ります。「SnapCenter」を使用した容易なデータ保護・VMの瞬時クローン作成といった点で仮想基盤との親和性が高く、特に小規模なシンクライアント環境においては仮想PC基盤とファイルサーバの機能を1台でまかなう構成も可能です。

既存投資の保護と互換性

ETERNUS HX seriesは20年以上の歴史をもつ「ETERNUS NR1000 series」の後継製品として高い互換性を持ち、既存投資の保護に貢献します。専用OS「ONTAP」の機能や運用などにおいて互換性があります。NR1000 にて習熟した操作・管理体系を継承できるのはもちろん、データ移行に関しても豊富な手段をご提供。既存のノウハウを無駄にすることはありません。

ETERNUS HX2100/HX2200 仕様・諸元

プロトコル・容量

モデル名 HX2100 HX2200
対応ネットワークプロトコル NFS / CIFS / iSCSI / FC / FCoE
最大物理容量(注1 ドライブ種混在時 1,440.0TB 1,320.8TB
HDD搭載時 1,440.0TB 1,243.2TB
SSD搭載時 972.8TB 1,018.4TB
最大ユーザ容量 ドライブ種混在時
注2
1,029.0TB 921.2TB
HDD搭載時(注3 1,029.0TB 887.8TB
SSD搭載時(注2

754.1TB

801.2TB
  • 注1
    本容量は、1kByte=1,000Byte して計算した物理容量です。
  • 注2
    本容量は、ONTAP 9.7 以降で1kByte=1,024Byteとし、ADP環境のRAID-DPフォーマット、システム領域を除いた容量です。
  • 注3
    本容量は、ONTAP 9.7 以降で1kByte=1,024Byteとし、ADP環境のRAID-TECフォーマット、システム領域を除いた容量です。

サポートドライブ

モデル名 HX2100 HX2200
サポートドライブ[回転数]

3.5インチSAS SSD

非暗号化 10TB、8TB、4TB(7,200rpm)
暗号化 10TB(7,200rpm)
3.5インチニアラインSAS SSD 非暗号化 3.8TB、960GB
2.5インチSASドライブ 非暗号化 1.8TB、1.2TB(10,000rpm)
暗号化 1.8TB(10,000rpm)
2.5インチSAS SSD 非暗号化 7.6TB、3.8TB、960GB
暗号化 3.8TB、960GB
高密度ニアラインSASドライブ 非暗号化 10TB、8TB、4TB(7,200rpm)
暗号化 10TB(7,200rpm)
最大ドライブ搭載数(注1 144 144
  • 注1
    最大搭載数は、搭載するディスクドライブにより異なります。

サポートRAID

モデル名 HX2100 HX2200
サポートRAID RAID-TEC(トリプル パリティ)、RAID6(RAID-DP)、RAID4、RAID6+RAID1またはRAID4+RAID1(SyncMirror)

コントローラー構成

モデル名 HX2100 HX2200
コントローラ構成 メモリ/不揮発メモリ 64GB / 8GB 64GB / 8GB
10GbE 4(0)(注1
UTA2(8Gb FC / 16Gb FC / FCoE / 10GbE / 1GbE)(注2 8
10GBASE-T (10GbE, 1GbE)(注2 8
コントローラ用冗長電源 標準搭載
  • 注1
    クラスタネットワーク接続のため、お客様業務用には使用できません。
  • 注2
    UTA2または10GBASE-Tいずれかの選択になります。

コントローラー部

モデル名 HX2100 HX2200
外形寸法[ピッチ数] W480 × D483 × H85mm [2U] W480 × D483 × H85mm [2U]
最大質量 27.6kg 27.6kg
電源条件 電圧 AC100V / 200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz / 60Hz(+2~-4%)
最大消費電力(100V時) 496W(507VA) 615W(631VA)
最大発熱量(100V時) 1,786kJ/h 2,214kJ/h
周囲環境条件 (動作時) 温度 5~45℃
湿度 8~90%RH(結露がないこと)

DS224Cディスクシェルフ部

モデル名 HX2100 HX2200
外形寸法[ピッチ数] W480 × D484 × H85mm [2U]
質量 最大構成時
(ディスク24台搭載時)
24.4kg
電源条件 電圧 AC100V / 200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
最大消費電力(100V時) 396W(405VA)
最大発熱量(100V時) 1,426kJ/h
周囲環境条件 (動作時) 温度 5~45℃
湿度 8~90%RH(結露がないこと)

DS212Cディスクシェルフ部

モデル名 HX2100 HX2200
外形寸法[ピッチ数] W480 × D505 × H85mm [2U]
質量 最大構成時
(ディスク24台搭載時)
28.7kg
電源条件 電圧 AC100V / 200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz / 60Hz (+2~-4%)
最大消費電力(100V時) 338W(345VA)
最大発熱量(100V時) 1,217kJ/h
周囲環境条件 (動作時) 温度 5~45℃
湿度 8~90%RH(結露がないこと)

DS460Cディスクシェルフ部

モデル名 HX2100 HX2200
外形寸法[ピッチ数] W483 × D922 × H176mm [4U]
質量 最大構成時
(ディスク24台搭載時)
112kg
電源条件 電圧 AC200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz / 60Hz (+2~-4%)
最大消費電力(200V時) 1,541W(1,558VA)
最大発熱量(200V時) 5,548kJ/h
周囲環境条件 (動作時) 温度 5~40℃
湿度 8~85%RH(結露がないこと)

省エネ法に基づく表示及び、エネルギー消費効率 [2011年度基準達成率]

モデル名 HX2100 HX2200
区分名 N
エネルギー消費効率 (2011年度基準達成率) 0.0021[AAA] 0.0024[AAA]
  • エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。
    省エネ基準達成率の表示語は、Aは100%以上200%未満、AAは200%以上500%未満、AAAは500%以上を示します。

サポートサーバ/OS

NAS:サポートプロトコル

CIFS, NFS

SAN:サポートサーバ/OS

[注]HBA(ホストアダプター)情報に関してはお問い合わせください。

メーカー名 機種 OS
富士通 基幹IAサーバ
1000シリーズ
2000シリーズ
3000シリーズ
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Red Hat Enterprise Linux 8
Red Hat Enterprise Linux 7
VMware vSphere® 6
UNIXサーバ
SPARC M10/M12
SPARC Enterprise
Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
PCサーバ
PRIMERGY
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Red Hat Enterprise Linux 8
Red Hat Enterprise Linux 7
SUSE Linux Enterprise Server 15
SUSE Linux Enterprise Server 12
VMware vSphere® 7
VMware vSphere® 6
Citrix Hypervisor 7 (XenServer 7)
Oracle/Sun SPARC Servers Oracle Solaris 11
Oracle Solaris 10
IBM Power Systems, System p AIX 7
その他 各社PCサーバ Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Red Hat Enterprise Linux 8
Red Hat Enterprise Linux 7
Red Hat Enterprise Linux 6
SUSE Linux Enterprise Server 15
SUSE Linux Enterprise Server 12
SUSE Linux Enterprise Server 11
VMware vSphere® 7
VMware vSphere® 6
Citrix Hypervisor 8
Citrix Hypervisor 7 (XenServer 7)
Citrix XenServer 6
Oracle Linux 8
Oracle Linux 7
Oracle Linux 6
Oracle VM 3

補足 : サポートサーバ/OSの詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

特長・機能

クラウド連携

データの価値に基づいた最適配置

長期間にわたってアクセスのないログ・証跡データなど、高速アクセスが必ずしも求められないデータをクラウドへと自動的に退避する「FabricPool」機能を実装。データの無秩序な増大による容量圧迫を防止し、データの価値に基づいた最適なデータ配置を実現します。
また、本機能はオンラインデータの退避・階層制御だけでなく、コストを抑えたバックアップ・アーカイブ目的としても有用です。
古い世代のSnapshotデータや、SnapMirrorで生成されたコピーをクラウドへ自動転送。通常時は使用しない大量のバックアップデータを安価なリモートサイトへ退避させることができるため、多数世代を保持するランサムウェア対策などに最適といえます。

独自ファイルシステムによる最適化

独自の追記型ファイルシステム「WAFL」はHDDの弱点となるランダムライト処理を大幅に高速化する効果に加え、SSDを構成するフラッシュメモリの耐性向上や上書き処理の高速化にも効果を発揮する、最適なシステム構成となっています。

データ保護

高速バックアップ・リカバリ

ファイルシステムと一体化し、性能劣化を起こしにくい Redirect on Write型の Snapshot 機能を実装。日々のバックアップ運用において、性能・容量面のデメリットを負うことなくボリュームあたり最大1,023世代取得でき、必要に応じてごく短時間でファイル単位・ボリューム単位のリストアを行うことができます。

災害対策と業務継続

物理障害や災害対策といった観点からは、筐体内の別ボリュームもしくは別筐体を指定した「SnapMirror」によるボリュームミラー作成は最適な解のひとつとなります。万一の事態において、リストア作業なく完全なバックアップコピーを即座に使用可能とし、早急な業務継続への道を拓きます。

効率化機能

データ効率化

ETERNUS HX seriesは、SSDとHDDの双方を混在して搭載することができます。 HDDの利用に対しては、 標準搭載する1TBのFlashCache・SSDとの混載によるFlashPoolといった機能による性能面のアシストが有効であり、またSSD自体を記憶媒体として使用する場合は3段階で効くデータ削減機能(重複排除・圧縮機能・断片データをSSDの4KBブロックへ集約するインラインデータコンパクション機能)が非常に有効です。性能面への悪影響を最小限に抑制しつつ、格納データを約3分の1へと削減し、性能とコストのバランスに配慮した妥協のないストレージ環境を実現します。

利用効率アップとコスト削減

企業はストレージシステムの運用管理コストやデータの増大などに悩まされてきました。ETERNUS HX seriesの仮想ボリュームFlexVolは、仮想化されたストレージ容量を柔軟に拡大・縮小させることができます。また、FlexCloneは書き込み可能な仮想クローンイメージを、通常、フルコピー時に発生するオーバーヘッドなしに瞬時に複製して運用コストを削減することができます。

さらに、3本のパリティを使用する「RAID-TEC」を実装。大容量化が進むドライブに対して業界初となる新しいRAID方式を提唱し、耐障害性を一段と高めつつドライブの容量効率を高めることができます。

トラブルの未然防止や早期発見

ETERNUS HX seriesの自動診断ツール「AutoSupport Mail」は、SNMP、Syslogといった業界標準の通信プロトコルをサポートしているため、装置の状態や重要なイベント情報をお客様に通知することで、潜在的な障害の早期発見、未然防止が可能です。
さらに、SupportDeskのリモート通報サービスとAutoSupport Mailを連携することで、ストレージの障害をオンタイムで富士通へ通知し、迅速な保守対応を受けることが可能になります。

カタログ・資料・動画

資料名 版数 サイズ
ETERNUS HX2100/HX2200 ハイブリッドアレイPDF 2020年6月版 1,476 KB

ETERNUS HX seriesに関するその他の資料

リリース&トピックス

お客様のデジタルトランスフォーメーションを牽引する
ETERNUS オールフラッシュ・ハイブリッドストレージ 新登場

20年以上にわたるビジネスパートナーであるNetApp社と協業を強化し、同社の高度なデータマネジメントソフトウェアを活用したストレージシステムを4シリーズ提供します。 もっと読む

トピックス一覧

導入事例

自治体 広島県庁様
[2019年11月1日]

400TB 規模の統合ストレージのデータ保護をCloud Volumes ONTAP for Microsoft Azureとオールフラッシュアレイのクラウド連携で実現

ページの先頭へ