FUJITSU Storage ETERNUS Multipath Driver

標準価格5万円(税別)より

ETERNUS Multipath Driver 概要

アクセスパスの冗長化と負荷分散によりシステムの信頼性と性能を向上

ETERNUS Multipath Driverは、ETERNUS AFおよびETERNUS DXとサーバー間を複数パス(マルチパス)で接続し、高信頼/高性能を実現するためのソフトウェアです。Oracle Solaris版、Windows版、Linux版があります。

パスが故障した場合、他のパスに切り替えてアクセスを行うパスフェイルオーバ機能により、パス故障時のアクセス停止を回避し、システムの信頼性をより向上させることができます。また、複数のパスを使用して負荷分散を行うロードバランス機能により、システム性能をさらに向上させることができます。

[ご案内]
ETERNUS Multipath Driver AIX版につきましては、2017年6月30日をもちまして、販売終了となりました。今後につきましては、AIX OSに標準添付されているマルチパスドライバのご利用をお願いいたします。
AIX OS標準添付のマルチパスドライバをご利用いただく際は、「ETERNUS DX/AF series ODM package for AIX MPIO」が必須となりますので、下記よりダウンロードをお願い致します。

製品体系

ETERNUS Multipath Driverでは以下の4製品をご用意しております。
また、それぞれの製品がサポートする機種は以下の通りです。

ETERNUS Multipath Driver for Low End Model

ETERNUS Multipath Driver for Entry Model

  • ETERNUS AF150 S3 オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS AF250 S3/AF250 S2/AF250 オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS DX60 S5, DX60 S4, DX60 S3
  • ETERNUS DX100 S5, DX100 S4, DX100 S3
  • ETERNUS DX200 S5, DX200 S4, DX100 S3
  • ETERNUS DX60 S2(注2
  • ETERNUS DX80 S2
  • ETERNUS DX90 S2

ETERNUS Multipath Driver for Standard Model

  • ETERNUS AF150 S3 オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS AF250 S3/AF250 S2/AF250 オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS AF650 S3/AF650 S2/AF650 オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS DX60 S5, DX60 S4, DX60 S3
  • ETERNUS DX100 S5, DX100 S4, DX100 S3
  • ETERNUS DX200 S5, DX200 S4, DX200 S3
  • ETERNUS DX500 S5, DX500 S4, DX500 S3
  • ETERNUS DX600 S5, DX600 S4, DX600 S3
  • ETERNUS DX900 S5
  • ETERNUS DX8900 S4 (注1
  • ETERNUS DX8000 S3 series (注1
  • ETERNUS DX60 S2 (注2
  • ETERNUS DX80 S2
  • ETERNUS DX90 S2
  • ETERNUS DX400 S2 series
  • ETERNUS DX8000 S2 series (注1

ETERNUS Multipath Driver for Enterprise Model

  • ETERNUS AF150 S3 オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS AF250 S3/AF250 S2/AF250 オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS AF650 S3/AF650 S2/AF650 オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ
  • ETERNUS DX60 S5, DX60 S4, DX60 S3
  • ETERNUS DX100 S5, DX100 S4, DX100 S3
  • ETERNUS DX200 S5, DX200 S4, DX200 S3
  • ETERNUS DX500 S5, DX500 S4, DX500 S3
  • ETERNUS DX600 S5, DX600 S4, DX600 S3
  • ETERNUS DX900 S5
  • ETERNUS DX8900 S4
  • ETERNUS DX8000 S3 series
  • ETERNUS DX60 S2 (注2
  • ETERNUS DX80 S2
  • ETERNUS DX90 S2
  • ETERNUS DX400 S2 series
  • ETERNUS DX8000 S2 seies
  • 注1
    2パスまで接続可能。2パスを超える接続は不可
  • 注2
    SASモデルは2パスまで接続可能
  • 補足:上記にない旧製品のお取り扱いについては、お問い合わせください。

動作環境

動作OS 適応機種
Oracle Solaris 10
Oracle Solaris 11
SPARC M10/M12
SPARC Enterprise
Microsoft® Windows Server® 2008
Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2016
Microsoft® Windows Server® 2019
PRIMEQUEST
PRIMERGY
他社PCサーバー
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
SUSE Linux Enterprise Server 11
SUSE Linux Enterprise Server 12
PRIMEQUEST
PRIMERGY
他社PCサーバー
  • 上記にない旧製品/OSのお取り扱いについては、お問い合わせください。

[ご案内]
ETERNUS Multipath Driver AIX版につきましては、2017年6月30日をもちまして、販売終了となりました。今後につきましては、AIX OSに標準添付されているマルチパスドライバのご利用をお願いいたします。
AIX OS標準添付のマルチパスドライバをご利用いただく際は、「ETERNUS DX/AF series ODM package for AIX MPIO」が必須となりますので、下記よりダウンロードをお願い致します。

サポート情報

各OSのサポート状況や接続時の注意事項などが記載されておりますので、ご確認ください。

資料名版数サイズ
ETERNUS Multipath Driver(Oracle Solaris 版)サポート情報 PDF2020年1月版744 KB
ETERNUS Multipath Driver(Windows版)サポート情報 PDF2019年11月版1.02 MB
ETERNUS Multipath Driver V2(Linux版)サポート情報 PDF2020年7月版712 KB

(ご参考)ETERNUS Multipath Driverのマニュアルはこちらから。

[ご案内]
ETERNUS Multipath Driver AIX版につきましては、2017年6月30日をもちまして、販売終了となりました。今後につきましては、AIX OSに標準添付されているマルチパスドライバのご利用をお願いいたします。
AIX OS標準添付のマルチパスドライバをご利用いただく際は、「ETERNUS DX/AF series ODM package for AIX MPIO」が必須となりますので、下記よりダウンロードをお願い致します。

特長・機能

本製品には以下の特長・機能があります。

パス冗長化によるシステムの信頼性の向上(フェイルオーバ)

アクセスパスを冗長化させることにより、1つのパスで障害が発生した場合でも、他の正常なパスに切り替えてアクセスを継続するため、システムの停止を回避することができます。

負荷分散によるシステム性能の向上(ロードバランス)

複数のアクセスパスを同時に使用し、アクセスを分散させることで、パスによるボトルネックを解消し、システム性能を向上させます。

適用事例

シングルサーバーへの適用

シングルサーバーへETERNUS Multipath Driverを適用することにより、ETERNUS AF / ETERNUS DXのストレージレベルでの高信頼化に加え、HBA(Host Bus Adapter) とストレージコントローラー間の高信頼化が可能になり、可用性を高めることができます。また、ストレージのコントローラー、ケーブル等の故障時はシステムを停止せず、活性交換が可能となります。
さらに、ロードバランス機能により、ストレージの性能を最大限の引き出すことが可能になります。

クラスタシステムへの適用

クラスタシステムへETERNUS Multipath Driverを適用することにより、サーバーレベルのクラスタとの組み合わせにより、さらに堅牢で可用性の高いシステムの構築が可能になる。

効果

  • 高信頼で可用性の高いシステムの構築が可能。
  • 多重パス同時使用によるアクセスパスを分散させることでパスボトルネックを解消しシステム性能を向上。

よくあるご質問(FAQ)

Question

Answer

  1. 製品体系として、ETERNUS Multipath Driver for Enterprise Model/ Standard Model/ Entry Model/ Low End Modelの4製品ありますがどれをえらべばいいですか?
    サーバーにどのRAID装置を接続するかにより、選んでください。複数の機種を接続する場合、接続する機種を全てサポートする製品として選択してください。
    それぞれのモデルがサポートするRAID装置については、「製品体系」を御覧下さい。
  2. サーバー単位での購入が必要ですか? RAID装置単位での購入が必要ですか?
    サーバー1台あたり、1本の購入が必要です。クラスタシステムの場合は、クラスタを構成するサーバーの台数分の購入が必要です。1台のサーバーに何台のRAID装置を接続するかは関係ありません。
  3. AIX環境でマルチパスドライバを利用することはできますか?
    AIX OSに標準添付されているマルチパスドライバでご利用が可能です。その際には「ETERNUS DX/AF series ODM package for AIX MPIO」が必須となりますので、下記よりダウンロードをお願い致します。

導入事例

スカイマーク株式会社様
[2007年11月9日]

アクセスが集中しても安心予約!
「ETERNUS」が支える、スカイマーク座席予約システム(CRS)の舞台裏

導入事例 一覧(バックナンバー)

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ