WAFLにより仮想化機能での高速なデータ書き込みを実現

ETERNUS AX/HX seriesが提供するWAFL(Write Anywhere File Layout)は、高速なデータ書き込みを実現する追記型のデータ記録方式です。

WAFLでは、ライト要求ごとにドライブにアクセスするのではなく、データを一時的にNVRAM(不揮発性メモリ)に保存します。NVRAMにデータを書き込んだ時点でWrite完了を応答。ドライブの空きブロックを確認して、データが効率的に書き込まれるよう制御し、一括でWrite処理を実施します。
WAFLでは、ドライブへの書き込みと同時に、書き込み位置を示すメタデータもドライブに保存するため、仮想化機能、重複排除機能、スナップショットなどの機能に高い親和性があります。

効果

  • NVRAM(不揮発メモリ)へ書き込まれたデータを一括してWrite処理します。
  • 空きブロックを管理し近傍となる部分へWriteすることにより、シーク時間を短縮しています。
    (ドライブのオーバーヘッドを極限まで削減)

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ