本ページの製品は2024年4月1日より、エフサステクノロジーズ株式会社に統合となり、順次、切り替えを実施してまいります。一部、富士通表記が混在することがありますので、ご了承ください。

ETERNUS AX series
All SAN Array(ASA)

堅牢な専用OS「ONTAP」を採用し、NASの機能を除外したSAN専用モデルで、クラウドとの親和性はそのままに、さらに可用性を向上させた万能ストレージ

ETERNUS AX series ASA概要
ETERNUS AX1200 ASA/AX2200 ASA/AX4100 ASA

ETERNUS AX series ASA(All SAN Array)は、ブロックアクセス利用に最適化された専用ストレージです。長年の実績をもつ、堅牢なストレージ専用OSである「ONTAP」を搭載。業界標準といえるあらゆるプロトコルに応しています。スケールアウト、優れたデータ保護や管理機能、高い可用性等、ハイパフォーマンスと低レイテンシ、そして低コストを実現した万能オールフラッシュストレージです。

ストレージに求められる処理能力と容量コストに加え、高い業務継続性を実現するための機能が網羅された本製品は、高い信頼性が求められる基幹業務システムのストレージとして好適な製品です。比較的コストのかかるオールフラッシュのなかではエントリー寄りの製品となっており、中堅・中小企業のニーズにも対応します。もちろん、基幹業務以外のシステムでも有効に活用可能です。ONTAPの重複排除・圧縮機能はVDI(デスクトップ仮想化)基盤のストレージとして大きな効果が期待でき、Cloud Volumes ONTAPが実現するクラウド連携は、高速処理と大容量を求める分析基盤向けのストレージ要件を満たすことが可能です。

ETERNUS AX1200 ASA エンタープライズクラスの機能を搭載したエントリーレベルのオールフラッシュ。中・小規模向け
ETERNUS AX2200 ASA エンドツーエンドでNVMeをサポートしており、エントリーレベルでありながらワンランク上の性能を有したモデル
ETERNUS AX4100 ASA NVMe+SASの複数ポートを搭載。高いIOPSを実現しており、ハイエンドモデルに迫る性能を持つミッドレンジモデル

全モデル、スケールアウト型アーキテクチャを採用しているため、容量・性能の要求に応じてドライブ追加による容量拡張・コントローラー追加による性能拡張のいずれにも対応できます。

主な特長

  • 中小企業や大企業のブランチオフィスやテスト環境といった、中小規模の仮想化統合基盤に最適
  • 「SnapCenter」ソフトウェアを導入することで、仮想化基盤やアプリケーションと整合性のあるデータ保護・クローンの管理を一元化。
  • GUIベースで監視・通知・記録・レポート作成・スケジュールを行うことで、容易なデータ管理を可能
  • データへのアクセス頻度に応じた効率的な運用に最適
  • ONTAP One for SAN:標準機能からセキュリティ・レプリケーション機能まで、SAN環境に必要な全ての機能をオールインワンで使用可能

ダウンタイムの短縮とスムーズなプロビジョニングを実現

ETERNUS AX/AC seriesは高速SSDを採用したオールフラッシュ構成で、高い処理能力を実現しています。さらにAll SAN Array(ASA)になったことで、信頼性と利便性が向上しているのも見逃せないメリットです。従来のユニファイドモデルでは、コントローラーに異常が発生した際のフェイルオーバー時に若干のダウンタイム(30秒以上かかる場合もある)が発生するといった課題がありましたが、ASAでは2秒程度にまで短縮。実質システムを停止することなくパスを切り替えられ、システムダウンのリスクを軽減することができます。
また、ユニファイドモデルではデフォルトの設定画面がNAS向けのものとなっており、SANストレージとして導入する際には設定画面を切り替える必要がありました。それに対しNAS機能がオミットされたASAでは、デフォルトでSAN向けの設定画面が表示されるため、導入時の設定がスムーズに行えます。ハードウェア的な構築が終わっていれば、数分でプロビジョニングを構成することが可能で、ONTAPの使いやすいインターフェイスと合わせて、導入・運用の負荷を軽減できます。もっと読む

クラウド連携によりデータの価値に基づいた最適なソリューション

長期間にわたってアクセスのないログ・証跡データなど、高速アクセスが必ずしも求められないデータをクラウドへと自動的に退避する「FabricPool機能」を実装しているため、データの無秩序な増大による容量圧迫を防止し、データの価値に基づいた最適なデータ配置を実現します。他のクラウドサービスと比べてコストをかけずに導入できることもメリットです。もっと読む

お客様の事業継続性をハイブリッドクラウドソリューションで支える

ETERNUS AX/AC series ASAが採用しているストレージOS「ONTAP」をメガクラウド上で稼働した「Cloud Volumes ONTAP」、「Amazon FSx for NetApp ONTAP」と連携可能。FUJITSU Hybrid IT Service for AWS / Microsoft Azureといったメガクラウドサービスを組み合わせてハイブリッドクラウド環境を構築し、オンプレミスからクラウドへのバックアップによるディザスタリカバリー環境で迅速な運用再開を実現。投資を抑えたデータ保管先として最適なソリューションをご提供します。もっと読む

厳格なSLA達成を実現

Oracle、SAP、Microsoftの環境向けのストレージ プロビジョニングとデータ管理機能により、ETERNUS AX series All-SAN Arrayでのプロビジョニングとデータ管理を簡単に実⾏できます。QoS目標を設定したストレージのセットアップとプロビジョニングは10分もかかりません。データ保護の関係とポリシーは数回のクリックで作成できます。信頼性に優れたOracle、SAP、SQL、VMware環境を富士通が支援します。もっと読む

ETERNUS AX series ASA 仕様・諸元

モデル名 AX1200 ASA AX2200 ASA AX4100 ASA
サポートRAID RAID-TEC(トリプル パリティ)、RAID6(RAID-DP)、RAID4 RAID-TEC(トリプル パリティ)、RAID6(RAID-DP)、RAID4、RAID6+RAID1またはRAID4+RAID1(SyncMirror)
最大物理容量(注1 547.2TB 734.4TB 14,688TB
実効容量(注2 1,808.0TB 2,376.4TB 45,500TB
コントローラー数 2~12
ホストインターフェース[最大転送速度] FC[16Gbit/s] FC[32Gbit/s] FC[32Gbit/s]
iSCSI[ 10Gbit/s 10GBASE-SR,10GBASE-CR] iSCSI[ 25Gbit/s 25GBASE-SR4,25GBASE-CR] iSCSI[100Gbit/s 100GBASE-SR4]
iSCSI[ 10Gbit/s 10GBASE-T] iSCSI[ 10Gbit/s 10GBASE-T] iSCSI[ 10Gbit/s 10GBASE-T]
FCoE[ 10Gbit/s] - -
- NVMe/FC[32Gbit/s] NVMe/FC[32Gbit/s]
ホストインターフェース アダプター数 AC100~120V -(注3 2 8
AC200~240V -(注3 4 8
最大ホストインターフェース ポート数 FC[32Gbit/s] AC100~120V - 8 8
AC200~240V - 16 8
FC[16Gbit/s] AC100~120V 8 8 16
AC200~240V 8 16 16
iSCSI[100Gbit/s, 40Gbit/s] AC100~120V - - 12
AC200~240V - - 12
iSCSI[25Gbit/s] AC100~120V - 8 40
AC200~240V - 16 40
iSCSI[10Gbit/s 10GBASE-SR,10GBASE-CR] AC100~120V 8 8 40
AC200~240V 8 16 40
iSCSI[10Gbit/s 10GBASE-T] AC100~120V 8 4 16
AC200~240V 8 4 16
FCoE[ 10Gbit/s] AC100~120V 8 - -
AC200~240V 8 - -
NVMe/FC[32Gbit/s] AC100~120V - 8 24
AC200~240V - 16 24
最大接続サーバ数 4,096 4,096 8,192
メモリ/不揮発メモリ 64GB/8GB 128GB/16GB 256GB/32GB
最大ドライブシェルフ数 NS224 ドライブシェルフ(2.5" NVMe SSD) - 1 2
DS224C ドライブシェルフ(2.5" SAS SSD用) 2 - 20
ドライブ数 8~72 8~48 12~480
サポートドライブ NVMe SSD 暗号化非対応 - 3.8TB, 1.9TB 3.8TB, 1.9TB
暗号化対応 - 15.3TB, 7.6TB, 3.8TB, 1.9TB 15.3TB, 7.6TB, 3.8TB, 1.9TB
FIPS暗号化対応 - 3.8TB 3.8TB
SAS SSD 暗号化非対応 7.6TB, 3.8TB, 960GB - 30.6TB, 15.3TB, 7.6TB, 3.8TB, 960GB
FIPS暗号化対応 3.8TB - 3.8TB
ドライブインターフェース SAS NVMe NVMe, SAS
外形寸法[ピッチ数] コントローラシェルフ W480 × D483 × H85mm[2U] W483 × D543 × H87 mm[2U] W483 × D828 × H175mm[4U]
NS224 - W483 × D543 × H87mm[2U] W483 × D543 × H87mm[2U]
DS224C W480×D484×H85mm[2U] - W480×D484×H85mm[2U]
最大質量 コントローラシェルフ 27.6kg <31.6kg> 24.6kg <28.6kg> 49.9kg <53.9kg>
NS224 - 30.3kg <34.3kg> 30.3kg <34.3kg>
DS224C 24.4kg <28.4kg> - 24.4kg <28.4kg>
電源条件 電圧 AC100~120V , AC200~240V
相数 単相
周波数 50Hz / 60Hz(+2~-4%)
最大消費電力[最大皮相電力](注4 AC100~120V コントローラシェルフ 524W(535VA) 1004W (1,004A) 1,580W(1,630VA)
NS224 - 848W(848VA) 848W(848VA)
DS224C 390W(398VA) - 390W(398VA)
最大構成時(注5 1,304W(1,331VA) 1,852W(1,852VA) 9,380W(9,590VA)
AC200~240V コントローラシェルフ 514W(526VA) 1079W (1,080VA) 1,528W(1,560VA)
NS224 - 810W(810VA) 810W(810VA)
DS224C 383W(392VA) - 383W(392VA)
最大構成時(注5 1,280W(1,308VA) 1,889W(1,890VA) 9,188W(9,400VA)
最大発熱量(注5 AC100~120V 4,694kj/h 6,667kj/h 33,768kj/h
AC200~240V 4,608kj/h 6,937kj/h 33,077kj/h
周囲環境条件 温度 5~45℃(動作時) 10~35℃(動作時) 10~35℃(動作時)
湿度 8~90%RH(結露がないこと) 8~80%RH(結露がないこと)
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15P IEC60320 C14
AC200V仕様 NEMA L6-15P IEC60320 C14
  • 注1
    本容量は、1kByte=1,000Byte して計算した物理容量です。
  • 注2
    実効容量は、ストレージ容量削減比率を4:1(SSDを最大数搭載した場合)と想定して、1kByte=1,000Byteで算出したものです。実際の比率は、ワークロードやユースケースに応じて高くなる場合があります。
  • 注3
    コントローラに同梱されるオンボードのホストインターフェースのみサポートされています。
  • 注4
    シェルフに搭載可能な全オプションを搭載した場合の、最大負荷時に必要な電力値、および発熱量
  • 注5
    装置に搭載可能な全オプションを搭載した場合の、最大負荷時に必要な電力値、および発熱量

サポートサーバ/OS

NAS:サポートプロトコル

CIFS, NFS

SAN:サポートサーバ/OS

[注]HBA(ホストアダプター)情報に関してはお問い合わせください。

メーカー名 機種 OS
富士通 基幹IAサーバ
1000シリーズ
2000シリーズ
3000シリーズ
Microsoft® Windows Server® 2022 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2022 Standard
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Red Hat Enterprise Linux 9
Red Hat Enterprise Linux 8
Red Hat Enterprise Linux 7
VMware vSphere® 8
VMware vSphere® 7
基幹IAサーバ
4000シリーズ
Microsoft® Windows Server® 2022 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2022 Standard
Red Hat Enterprise Linux 9
Red Hat Enterprise Linux 8
VMware vSphere® 8
UNIXサーバ
SPARC M10/M12
SPARC Enterprise
Oracle Solaris 11
PCサーバ
PRIMERGY
Microsoft® Windows Server® 2022 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2022 Standard
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Red Hat Enterprise Linux 9
Red Hat Enterprise Linux 8
Red Hat Enterprise Linux 7
SUSE Linux Enterprise Server 15
SUSE Linux Enterprise Server 12
VMware vSphere® 8
VMware vSphere® 7
Oracle Linux 9
Oracle Linux 8
Oracle Linux 7
Oracle/Sun SPARC Servers Oracle Solaris 11
IBM Power Systems, System p AIX 7
その他 各社PCサーバ Microsoft® Windows Server® 2022 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2022 Standard
Microsoft® Windows Server® 2019 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Red Hat Enterprise Linux 9
Red Hat Enterprise Linux 8
Red Hat Enterprise Linux 7
SUSE Linux Enterprise Server 15
SUSE Linux Enterprise Server 12
VMware vSphere® 8
VMware vSphere® 7
VMware vSphere® 6
Citrix Hypervisor 8
Oracle Linux 9
Oracle Linux 8
Oracle Linux 7
Oracle Linux 6

補足 : サポートサーバ/OSの詳細につきましては、弊社担当営業または弊社パートナーまでお問い合わせください。

特長・機能

セキュリティ対策

ETERNUS AX series ASAはストレージ専用OSを採用しているためマルウェア(ランサムウェアなど)に感染することはありません。万が一、ETERNUS AX series ASAに格納されたデータが改ざん(暗号化など)されてしまった場合でもOS独自の機能やソフトで検出と、データ復旧することで 迅速な運用再開ができます。

クラウド連携

クラウド連携によりデータの価値に基づいた最適なソリューション

長期間にわたってアクセスのないログ・証跡データなど、高速アクセスが必ずしも求められないデータをトラブルの未然防止や早期クラウドへと自動的に退避する「FabricPool」機能を実装。データの無秩序な増大による容量圧迫を防止し、データの価値に基づいた最適なデータ配置を実現します。
また、本機能はオンラインデータの退避・階層制御だけでなく、コストを抑えたバックアップ・アーカイブ目的としても有用です。
古い世代のSnapshotデータや、SnapMirrorで生成されたコピーをクラウドへ自動転送。通常時は使用しない大量のバックアップデータを安価なリモートサイトへ退避させることができるため、多数世代を保持するランサムウェア対策などに最適といえます。

お客様の事業継続性をハイブリッドクラウドソリューションで支える

ETERNUS AX series ASAが採用しているストレージOS「ONTAP」をメガクラウド上で稼働した「Cloud Volumes ONTAP」、「Amazon FSx for NetApp ONTAP」と連携可能。FUJITSU Hybrid IT Service for AWS / Microsoft Azureといったメガクラウドサービスを組み合わせてハイブリッドクラウド環境を構築し、オンプレミスからクラウドへのバックアップによるディザスタリカバリー環境で迅速な運用再開を実現。投資を抑えたデータ保管先として最適なソリューションをご提供します。

容易な導入と運用性

システムの健全性とパフォーマンスの監視/管理

Active IQ Unified Managerは、複数台のETERNUS AX series ASAを一元的に監視および管理することができます。安全なストレージ設計構築、多様なストレージリソースの可視化、性能ボトルネックの把握など、効率的な機能を無償でご利用いただけます。

SSD活用を見据えた最適化技術

独自の追記型ファイルシステム「WAFL」は上書き処理の性能的オーバーヘッドを抑制することに加え、SSDを構成するフラッシュメモリの耐性向上にも効果を発揮する、最適なシステム構成となっています。
また、読み書きが高速なSSDに特化したAll-Flash機に特有のチューニングがOSレベルで組み込まれており、きわめて優れたパフォーマンスを発揮するよう設計されています。

データ保護

高速バックアップ・リカバリ

ファイルシステムと一体化し、性能劣化を起こしにくい Redirect on Write型の Snapshot 機能を実装。日々のバックアップ運用において、性能・容量面のデメリットを負うことなくボリュームあたり最大1,023世代取得でき、必要に応じてごく短時間でファイル単位・ボリューム単位のリストアを行うことができます。バックアップ・リストア運用を改善したい場合には、おすすめの機能です。

災害対策と業務継続

物理障害や災害対策といった観点からは、筐体内の別ボリュームもしくは別筐体を指定した「SnapMirror」によるボリュームミラー作成は最適な解のひとつとなります。万一の事態において、リストア作業なく完全なバックアップコピーを即座に使用可能とし、早急な業務継続への道を拓きます。

NDMPによるテープバックアップ

無停止・安定稼働

ETERNUS AX series ASAはシステムの可用性を高めるため、冗長化構成や機能で信頼性を向上しています。
さらに、3本のパリティを使用する「RAID-TEC」を実装。大容量化が進むドライブに対して業界初となる新しいRAID方式を提唱し、耐障害性を一段と高めつつドライブの容量効率を高めることができます。

パフォーマンス

効率化機能

データ効率化

かつて高速・高価格だったSSDも近年ではコストダウンが進み、ETERNSU AX series ASAではさらに3段階で効くデータ削減機能を実装。一般的に採用が進みつつある重複排除・圧縮機能に加え、断片データをSSDの4KBブロックへ集約するインラインデータコンパクション機能もあわせて採用。性能面への悪影響を最小限に抑制しつつ、格納データを約3分の1へと削減し、性能とコストのいずれにも妥協のないストレージ環境を実現します。

利用効率アップとコスト削減
~シン・プロビジョニングにも対応する高度な管理機能「FlexVol」とクローン機能「FlexClone」~

企業はストレージシステムの運用管理コストやデータの増大などに悩まされてきました。ETERNUS AX series ASAの仮想ボリュームFlexVolは、仮想化されたストレージ容量を柔軟に拡大・縮小させることができます。また、FlexCloneは書き込み可能な仮想クローンイメージを、通常、フルコピー時に発生するオーバーヘッドなしに瞬時に複製して運用コストを削減することができます。

SSD書き込み上限の考慮不要な保守サポート

ETERNUS AX series ASAに搭載するSSD はすべて3 年間の標準保証期間を設けており、また最大7年間の保守を提供します。
SSDに特有の書き込み量上限を気にすることなくお使いいただくことができます。
また、SSD 使用済み寿命の割合は、CLIコマンドで確認できます。
SSDが一定の割合以上使用されると、自動で管理者に通知が行われスペアドライブにデータが退避されます。

トラブルの未然防止や早期発見

ETERNUS AX series ASAの自動診断ツール「AutoSupport Mail」は、SNMP、Syslogといった業界標準の通信プロトコルをサポートしているため、装置の状態や重要なイベント情報をお客様に通知することで、潜在的な障害の早期発見、未然防止が可能です。
さらに、SupportDeskのリモート通報サービスとAutoSupport Mailを連携することで、ストレージの障害をオンタイムで富士通へ通知し、迅速な保守対応を受けることが可能になります。

システム管理ソフトウェア

ETERNUS AX/AC/HX seriesは、オンプレミス・クラウドを含めた統合管理ツールを完備で簡単システム運用を支援します。

用途 ソフトウェア名称 内容 ライセンス
装置管理
(単一クラスタ管理)
ONTAP System Manager GUIによる簡単な操作でETERNUS AX/AC/HX seriesおよびONTAP製品の各種設定と管理が可能 無償
性能管理
統合管理 Active IQ Unified Manager ONTAP ストレージシステムの健全性とパフォーマンスの一元的な監視/管理 無償
複数クラスタ管理
クラウド連携 BlueXP(旧:Cloud Manager) ハイブリッドクラウドの統合管理 無償
Cloud Volumes ONTAP(CVO) クラウド上で動作するONTAP仮想ストレージ 有償
システム監視 Active IQ Config Advisor SANtricity/ONTAP ストレージシステムの構成検証や健常性チェックを行うソフトウェア 無償
Active IQ OneCollect SANtricity/ONTAP ストレージシステムだけではなく、様々なオペレーティングシステムホストおよびスイッチからデータを収集するデータ収集ソフトウェア 無償
データ保護 SnapCenter ETERNUS AX/AC/HX series のSnapshot を一元管理する統合管理ソフトウェア 無償
SnapCenter Plug-in for VMware vSphere SnapCenter の機能を使用して仮想マシン、データストア、およびアプリケーションと整合性のあるデータベースを保護するためのソフトウェア 無償
SnapManager for Hyper-V Microsoft Hyper-V virtual machines(VM)データの保護/リカバリーをするためのソフトウェア 無償
VMware連携 Virtual Storage Console Virtual Appliance/ONTAP Tool for VMware vSphere VMware vSphere 環境とETERNUS AX/AC/HX series の接続管理を行う仮想アプライアンスソフトウェア 無償
VASA Provider VMware vSphereおよびVMware vSphereの統合管理をサポートするVMware vCenter Server連携用ソフトウェア 無償
Storage Replication Adapter for ONTAP VMware vCenter Server向けのプラグインソフトウェア 無償
NFS plugin for VMware VAAI ONTAP のNFS プロトコル用のVMware VAAI のプラグインソフトウェア 無償
ストレージ管理 SMI-S Provider SNIA による標準ベースのストレージ管理インターフェースをONTAP API に変換するソフトウェア 無償
ウイルススキャン Anti-Virus Connector ONTAP のウイルススキャンソフトウェア 無償
ストレージ管理 OnCommand Workflow Automation ONTAP 向けのストレージ設定・管理プロセスのワークフロー作成と制御を行うソフトウェア 無償
MetroCluseter関連 MetroCluster Tie breaker ONTAP のMetroCluster で使用する異常検知(スプリットブレインシンドローム検知)のソフトウェア 無償
ONTAP Mediator ONTAP のMetroCluster で使用する自動スイッチオーバーを行うソフトウェア 無償
RcfFileGenerator for MetroCluster IP MetroCluster IP で使用するスイッチのRcf ファイル生成ツール 無償
MetroCluster Data Collector MetroCluster システムのすべてのコンポーネントから継続的に情報を収集するアプリケーション 無償
データ移行 7-Mode Transition Tool ONTAP 7-Mode で動作しているData ONTAP(ETERNUS NR series)から、ONTAP 9 にデータ移行するためのソフトウェア 無償
ホスト接続 Windows Host Utilities サポート対象のホストを、iSCSI またはFC ネットワークに接続するためのサポートソフトウェア 無償
Linux Host Utilities サポート対象のホストを、iSCSI またはFC ネットワークに接続するためのサポートソフトウェア 無償
Solaris Host Utilities サポート対象のホストを、iSCSI またはFC ネットワークに接続するためのサポートソフトウェア 無償
Unix Host Utilities(AIX/HP-UX) サポート対象のホストを、iSCSI またはFC ネットワークに接続するためのサポートソフトウェア 無償
開発キット Manageability Software Development Kit(SDK) ONTAP ストレージシステムを監視および管理するアプリケーションを開発するための開発キット 無償
稼働状態調査 SnapGathers ETERNUS AX/AC/HX seriesに接続されているMicrosoft Windows システムの稼働状態に関する調査情報の収集 無償

FUJITSU Storage ETERNUS AX/AC/HX series ソフトウェアダウンロード

ONTAPのアップグレードに伴い、システム管理ソフトウェアのバージョンアップも必要になる場合があります。
申請フォームにご登録いただいた上で最新ソフトウェアを提供いたします。

ダウンロード(ファームウェア/ソフトウェア)

項目名 内容
ETERNUS AX/HX series関連ソフトウェアのサポート期間について システムの安定稼働を目的とし、最新ソフトフェア版数とサポート期間終了予定日をご紹介
FUJITSU Storage ETERNUS AX/HX series ソフトウェア 申請フォームにご登録いただいた上で最新ソフトウェアを提供いたします
注:申請時には「富士通ID(登録無料)」が必要となります

リリース&トピックス

保護と活用は両立可能?データ保護とクラウドの“切っても切れない関係”企業のデータは「貴重な資産」であると同時に「DXを進めるための原動力」でもある。サイバー攻撃などの脅威が深刻化する中、データを守りながら活用するためにはどのようなインフラが必要なのか。その鍵は「クラウド連携」にある。もっと読む「ストレージはより重要な役割を担う」
サステナブルな社会を支えるストレージとは?
イノベーションの創出、セキュリティ、地球環境への配慮――激しく変化するビジネス環境において企業に求められるものは増えている。着実に、それでいて発展性のある取り組みを進めるために必要なのはどのようなICTインフラか。もっと読む
高いパフォーマンスと信頼性を兼ね備えたエントリークラスストレージ ETERNUS AX1200新登場
エントリークラスでありながら、高い性能と信頼性をもつユニファイドストレージETERNUS AX1200および、SAN専用モデルであるETERNUS AX1200 ASAを新たに提供します。従来のETERNUS AX1100に比べてパフォーマンスが最大40%向上しています。もっと読む
「ランサムウェアにやられない」企業になるために、データの「防御力」「検出力」「保護力」「復旧力」を高める、有効なストレージ対策とは?
2023年8月3日に@IT編集部が企画協力するオンラインセミナー「激化する攻撃からデータを守る、“最後の砦”ストレージでの“ランサム”対策」が開催されました。本セミナーレポートでは、@ITでもさまざまな講演で人気を博している川口設計 代表取締役の川口洋氏による、現状を把握するための基調講演、そして、富士通による“感染を前提とした新しい対策”を解説する特別講演を行った内容をご紹介しています。もっと読む
失敗しない!オンプレミスのファイルサーバー選択
一括買取かサブスクか。選択を誤らないための成否のポイント
コスト最適化、過剰投資抑制の観点から、オンプレミスのファイルサーバー選択でサブスクリプションに対する関心が高まっています。一括買取か、サブスクか。選択を誤らないためには、メリットとデメリットを見極めることが重要です。容量、コストなど選ぶポイントとともに、クラウドライクに利用できる最新の従量課金プランを紹介します。もっと読む
ランサムウェア対策の強化と3-2-1ルールによるバックアップ
ETERNUS AX/HX seriesの標準機能で今すぐできる感染被害を最小化する対策強化ポイント
ランサムウェア対策としてバックアップの重要性が高まっています。感染しても、バックアップデータを使って早期復旧が実現できるからです。しかし、バックアップの取り方によっては、復旧データとして利用できないことがあります。ETERNUS AX/HX seriesの標準機能SnapshotとSnapRestoreをベースに、“今すぐできる”感染被害を最小化する対策強化のポイントを紹介します。もっと読む
爆発的に増えるデータ管理の新しいカタチ
オンプレとクラウドのイイとこどり
オンプレミスでの物理的なコストや管理負荷増大での課題、クラウド移行を検討するにもデータ量や転送量などの課金やセキュリティ面など課題を感じる方も少なくないかと思います。そこで富士通がお勧めするのが、オンプレミスとクラウドのイイとこどりの「ハイブリッドクラウド」の考え方です。クラウド連携の簡単さを動画で詳しくご紹介します。もっと読む
オンプレミスとクラウドを組み合わせた
シンプルバックアップ
クラウドをバックアップ先として選択するにしてもお客様からすると面倒な設定があったり、ハードルが高いと感じられるのが現状です。そこでおすすめするのが、オンプレミスの ETERNUS AX/HX series とクラウド上の Cloud Volumes ONTAP(CVO)を組み合わせたハイブリッドクラウドソリューションで す。Cloud Volumes ONTAP 「CVO」を、クラウド上で利用するまでの操作性を動画でご紹介します。もっと読む
【強力な最終防衛】
深刻化するランサムウェアの被害からデータを守れ!
~ランサムウェアとは?その種類・感染経路・事例・対策を把握しよう~
「もしも、自分/自社がランサムウェア攻撃の被害にあってしまったら…」と想像したことはありますか?具体的にイメージすることは非常に重要です。ランサムウェア対策専用の機能を有しているストレージは非常に珍しく、専用機能を搭載しているETERNUS AX/HX seriesは、強力な最終防衛(最後の砦)です。もっと読む
爆発的に増えるデータの保存先はオンプレミスかクラウドか?
~文教、製造、流通、医療など、お客様ごとに異なる課題はいかに解決できるのか~
爆発的に増えるデータにどう対応するか。多くの企業は、大量のデータをいかに効率よく低コストで保存・管理するかという課題に直面しています。この課題に対し、実際にお客様の声を聴き、提案を行ってきた有識者から、事例を交えて徹底解説。もっと読む
災害対策をシンプルにするという選択肢
富士通だからできる!クラウドとオンプレミスのストレージをシームレスに組み合わせた提案
ETERNUS AX/HX seriesのご提案するハイブリッドクラウドソリューションは多くのお客様が抱える課題の解決策となります。「増え続けるデータを効率的に管理したい」というニーズに応えるソリューションや災害対策環境をフルマネージドにするという選択肢をご紹介します。もっと読む
データ管理最適化
いま選ばれるデータマネジメントソリューション ETERNUS×NSS
安定したデジタルトランスフォーメーションを進めていくためには、組織が保持するデータの大半を占める、ファイルベースの「非構造化データ」を管理することが必要不可欠です。
ETERNUS AX/HX seriesとNorthern Software Solution(NSS)の組み合わせにより、これらの効率的な管理を実現するソリューションをご紹介します。
もっと読む
データは21世紀の石油!
DX時代に応えるETERNUS AX/HX 新ストレージへのデータ移行も簡単、スムーズ!
多くの企業が取り組んでいるデジタル・トランスフォーメーション(DX)において、「データ」は最も重要なリソースです。データの蓄積・分析を支えるストレージのリプレースには、旧環境からのデータ移行という大変な作業が必要です。本記事では、SANストレージのデータ移行が抱える課題をズバリ解決いたします。もっと読む
高度な運用性を誇るストレージがSAN専用All Flash Arrayに進化
~ビジネスクリティカルなワークロードのニーズに応える~
All SAN ArrayならではのメリットやETERNUS AX Seriesが提供するSANソリューションを動画でご紹介します。もっと読む
データを確実に守り、VDIの運用課題を一挙に解消
新たな働き方改革を後押しする最新オールフラッシュストレージ
昨今のDX・働き方改革におけるトレンドは「VDI」。テレワーク環境の脆弱性を突いた攻撃が増加している現状においては、業務データを自社内で管理できるオンプレミスでVDI環境を構築するのは見逃せないポイントのひとつです。そのカギとなるのが「ストレージの選択」です。本記事では最適なVDI環境構築に優れた製品をご紹介します。もっと読む
企業のデータを狙うランサムウェアの新たな脅威!
被害事例から確認する、ランサムウェアの脅威と備えたい3つのポイント
働き方改革が推進され多くの企業でテレワークの導入が進む昨今「ランサムウェア」による攻撃はさらに激化しています。
専用ストレージOSだからこそ、感染被害から守れた最適なストレージ。
もっと読む
さらなる進化!
ONTAP 9.8でデータ管理がこう変わる
新バージョンONTAP 9.8ではデータ管理機能がさらに強化され、データ活用が進む時代に最適なストレージ専用OSとして、お客様のデータをより効率的に管理できるよう進化しています。もっと読む
富士通だからできる!特別プロモーション
データ管理コストと性能の最適解
「クラウドのコストと、オンプレの性能を両立したい」というお客様の要望を実現
NetAppと富士通の協業関係に基づき、FabricPoolに富士通のクラウドFJcloud-Oを適用可能としたことで実現される「富士通だからできる」特別プロモーションをご紹介します。
もっと読む
リモートワークの拡大でセキュリティリスクが顕在化!
最新ストレージで構築したファイルサーバーの実力とは
導入済みの企業やこれから本格的に導入する企業にとって有効な「ファイルサーバーを起点としたリモートワークのセキュリティ対策」について紹介します。リモートワーク拡大の流れは続くと予測される中、十分な準備期間を取れずに導入した企業において、セキュリティ面での課題が顕在化してきています。もっと読む
ニューノーマル時代に必須のテレワーク環境の構築・運用に向けて業務効率化の要となる最新ストレージソリューションとは・ オンプレミスのITインフラの整備からはじめる効率的なテレワーク環境の構築
・ ハイブリッドクラウド環境の構築も容易でコストや運用負荷の軽減にも効果を発揮

もっと読む
DX実現のための最適解とは?・ レガシーITシステムからの脱却はあらゆる企業にとって喫緊の課題
・ オンプレミスとクラウドの“いいとこ取り”で理想のITシステムを構成
・ FabricPoolやCloud Volumes ONTAPにより密接な連携を実現

もっと読む

トピックス一覧

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~12時 および 13時~17時30分
    (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

この製品に関するお問い合わせは、富士通株式会社のフォームを使用し、2024年4月1日よりエフサステクノロジーズ株式会社が対応いたします。

ページの先頭へ