ETERNUS NR1000F series ネットワークディスクアレイ

最新技術を採用したストレージ製品が登場!
あらゆるビジネスを加速する

ETERNUS NR1000 series

富士通のNASとは

多種多様なサーバやクライアントが混在する複雑なネットワーク上では、ファイル管理のための負担が増える一方です。こうした中、ストレージ統合やファイル共用は、ファイル管理の負荷を軽減する手段として注目されています。NASとは、ネットワーク接続のストレージ装置のことです。よくNASをファイルサーバと言うことがありますが、NASのそもそもの成り立ちがファイルサーバ専用機だったことに由来します。富士通のNASは、ネットワーク処理とファイルシステム処理を一体化し、高速化を実現した高性能かつ信頼性に優れたファイルサーバです。各種ファイルアクセスプロトコルのマルチサポート、ハイパフォーマンス、高い拡張性を実現。すでにCAD/CAE、インターネット/イントラネットなど様々な分野で、多数のサーバやクライアントがアクセスするファイルの共通の格納庫として実績をあげています。
富士通のNAS製品は、さまざまな機能を組み合わせデータの有効活用を主眼としたストレージソリューションとして提供し、可用性の高いストレージ環境を創造します。

富士通のNAS製品 ETERNUS NR1000F series


ETERNUS NR1000
F2720/F2750

ETERNUS NR1000
F8200/F8300

ETERNUS NR1000
F8700/F9000

DAS、NAS、SANの違い

ストレージシステムの形態は、DAS(Direct Attached Storage)、NAS(Network Attached Storage)、SAN(Storage Area Network)に分類できます。簡単に言えば、サーバに直接接続するシステムがDASで、ネットワークにストレージを接続するシステムがNASまたはSANです。中でもNASは、既存のLANに接続可能なため、比較的導入が容易で初期コストも抑えられます。 以下、NAS、SANの違いは以下の通りです。

  DAS NAS SAN
メリット
  • ネットワークを介さず、サーバにストレージを直接接続するため、スキルや知識がなくても簡単に導入できる。
  • 導入コストが低い。
  • ストレージを既存のLANに接続するため、導入が比較的容易である。
  • 導入コストが比較的低い。
  • ストレージ専用のネットワークを構成するため、アクセスが非常に高速。
  • システムを冗長構成にすることで可用性が向上できる。
  • ストレージの集中管理が可能。
デメリット
  • サーバを経由してアクセスするため、アクセス速度が遅い。
  • サーバで障害が発生するとストレージにアクセスできない。
  • 増設時にはサーバの増設も必要であり、コストや管理の負荷が大きくなる。
  • アクセス速度は既存のLANに依存する。
  • LANに対する負荷が大きく、ネットワーク速度低下の原因となる。
  • 導入時には高度なスキル・知識が必要。
  • 専用機器が必要であるため、導入コストが高い。
構成例 1台のサーバに1台のストレージ ファイルサーバの統合 SANによるストレージの統合
詳細情報 DASとは NASとは SANとは
標準価格 468万1,700円(税別・最小構成時)より
【主要な構成内訳】 HA-Pair、Base Bundle、2TB ニアラインSASディスク×12、1年24時間サポートデスク付き

ETERNUS NR1000F series 概要
ETERNUS NR1000 F2720/F2750/F8200/F8300/F8700/F9000

NR1000F seriesは、HDDとSSDを搭載することができるハイブリッドユニファイドストレージです。
ネットワーク処理とファイルシステム処理を一体化した専用OS「ONTAP」を搭載することにより性能に優れ、さらにHDDとSSDを有効活用する機能により、優れたコストパフォーマンスを発揮するハードウェア構成になっています。
信頼性も高く、データの高速なバックアップリカバリを実現するSnapshot™機能、災害対策用のレプリケーションを実現するSnapMirror™機能により、データ保護対策を装置のみで行うことが可能です。

優れた運用性・拡張性

  • NR1000 seriesの導入による様々なメリット
  • ファイルサーバに特化し、高速な処理を実現するOS~ONTAP
  • 多様なサーバ/クライアントからのファイル共用が可能
  • 豊富なラインナップ
  • 容易な容量拡張を実現
  • 多様なディスクドライブをサポート
  • 豊富なネットワークインターフェース

運用管理

  • ディスクの空き容量を効率よく使うフレックスボリューム
  • 重複排除、圧縮機能によるディスクスペースの有効活用Deduplication機能
  • 本番業務に影響なく、データの参照・更新ができるフレックスクローン機能
  • 複数のストレージ機器を統合管理するOnCommand Unified Manager機能

仮想化環境の統合・運用管理の効率化

  • VMware仮想化環境における効率的な運用管理を実現するVirtual Storage Console(VSC)

ビジネスの継続性

  • RAID方式でのデータ保護機能「RAID-TEC」
  • 高速バックアップリカバリーを実現するSnapshot機能
  • 無停止バックアップを実現するSnapManager機能
  • WAFLによるディスクアクセスの高速化
  • 冗長化を実現するクラスタシステム
  • コンポーネントの冗長化による連続運転の実現
  • 停電時のライトデータ保持
  • 主要なバックアップソフトウェアとの親和性
  • 運用データの二重化を実現するSyncMirror
  • 災害対策や、参照データの広域自動配布を実現するSnapMirror機能
  • 遠隔地バックアップソリューション「DRサービス for NetApp」
  • バックアップデータ補完を実現するSnapVault機能
  • データの高速リカバリーを実現するSnapRestore機能

セキュリティ

  • データを改ざんから保護するSnapLock
  • リアルタイムなウイルス検索を実現するServer Protect for Storage on NetApp

ETERNUS NR1000 F2720/F2750 仕様・諸元

プロトコル・容量

モデル名 F2720 F2750
対応ネットワークプロトコル NFS / CIFS / iSCSI / FC / FCoE
最大物理容量(注1 1.8TB SAS搭載時 259.2TB
10TB ニアラインSAS搭載時 1,440.0TB
15.3TB SSD搭載時 1,836.0TB 2,203.2TB
最大ユーザ容量(注2 1.8TB SAS搭載時 176.1TB
10TB ニアラインSAS搭載時 935.9TB 896.0TB
15.3TB SSD搭載時 1,257.5TB 1,584.0TB
  • 注1
    本容量は、1kByte=1,000Byte して計算した物理容量です。
  • 注2
    本容量は、1kByte=1,024Byteとし、システム領域を除いた容量です。

スケールアウト構成

モデル名 F2720 F2750
NAS/SANスケールアウト 2-24ノード / 2-12ノード

サポートドライブ

モデル名 F2720 F2750
SASディスクドライブ 2.5インチ / 容量(回転数) 1.8TB / 1.2TB(10,000rpm)
ドライブインターフェース SAS
ニアラインSASディスクドライブ 容量(回転数) 10TB / 8TB / 4TB(7,200rpm)
ドライブインターフェース SAS
SSD 15.3TB / 7.6TB / 3.8TB / 960GB
ドライブ最大搭載数 (注1 12+132 24+120
  • 注1
    最大搭載数は、搭載するディスクドライブにより異なります。

コントローラー構成

モデル名 F2720 F2750
Ha-Pair Ha-Pair
UTA2 10BASE-T UTA2 10BASE-T
メモリ / 不揮発メモリ 64GB / 8GB
Flash Cache (標準搭載 / 最大搭載) 2TB / 2TB
10ギガビット・イーサネットポート(10GBASE-T) - 8 - 8
Onboard UTA2ポート(10GbE / 16Gb FC) 8 - 8 -
miniSASポート(12Gbit/s) 4
コントローラー用冗長電源 標準搭載

コントローラー部設置諸元

モデル名 F2720 F2750
外形寸法(W×D×H)[mm] 447 × 508 × 87 447 × 483 × 85
質量 最大構成時 28.8kg 27.6kg
電源条件 電圧 AC100V / 200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz / 60Hz (+2~-4%)
所要電力(100V時) 409W(418VA) 508W(519VA)
発熱量(100V時) 1,473kJ/h 1,830kJ/h
周囲環境条件(動作時) 温度 10~40℃
湿度 10~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 2
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS224Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F2720 F2750
外形寸法(W×D×H) [mm] 447 × 484 × 85
質量 最大搭載時(ディスク24台) 24.4kg
電源条件 電圧 AC100V/200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力 (100V時) 1.2TB SAS搭載時 239W(244VA)
1.8TB SAS搭載時 231W(236VA)
960GB SSD搭載時 145W(148VA)
3.8TB SSD搭載時 126W(129VA)
7.6TB SSD搭載時 173W(177VA)
15.3TB SSD搭載時 152W(156VA)
発熱量 (100V時) 1.2TB SAS搭載時 861kJ/h
1.8TB SAS搭載時 833kJ/h
960GB SSD搭載時 523kJ/h
3.8TB SSD搭載時 455kJ/h
7.6TB SSD搭載時 624kJ/h
15.3TB SSD搭載時 548kJ/h
周辺環境条件 (動作時) 温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 2
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS212Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F2720 F2750
外形寸法(W×D×H) [mm] 447 × 505 × 87
質量 最大搭載時(ディスク12台) 28.7kg
電源条件 電圧 AC100V/200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力 (100V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 227W(232VA)
8TB ニアラインSAS搭載時 231W(236VA)
10TB ニアラインSAS搭載時 199W(204VA)
発熱量 (100V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 818kJ/h
8TB ニアラインSAS搭載時 833kJ/h
10TB ニアラインSAS搭載時 718kJ/h
周辺環境条件 (動作時) 温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 2
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS460Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F2720 F2750
外形寸法(W×D×H) [mm] 449 × 922 × 176
質量 最大搭載時(ディスク60台) 112kg
電源条件 電圧 AC200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力 (100V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 1,266W(1,280VA)
8TB ニアラインSAS搭載時 1,283W(1,296VA)
10TB ニアラインSAS搭載時 1,166W(1,178VA)
発熱量 (100V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 4,559kJ/h
8TB ニアラインSAS搭載時 4,620kJ/h
10TB ニアラインSAS搭載時 4,199kJ/h
温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 2
コンセント形状 AC200V仕様 NEMA L6-15

省エネ法に基づく表示及び、エネルギー消費効率 [2011年度基準達成率]

モデル名 F2720 F2750
区分名 N
ニアラインSAS搭載時 0.0021 [AAA] 0.0022 [AAA]
  • エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。
    省エネ基準達成率の表示語は、Aは100%以上200%未満、AAは200%以上500%未満、AAAは500%以上を示します。

ETERNUS NR1000 F8200/F8300 仕様・諸元

プロトコル・容量

モデル名 F8200 F8300
対応ネットワークプロトコル NFS / CIFS / iSCSI / FC / FCoE
最大物理容量(注1 1.8TB SAS搭載時 864TB 1,296TB
10TB ニアラインSAS搭載時 4,800TB 7,200TB
30.6TB SSD搭載時 7,344TB(注3 14,688TB
最大ユーザ容量(注2 1.8TB SAS搭載時 632.4TB 944.1TB
10TB ニアラインSAS搭載時 3,249.2TB 4,689.8TB
30.6TB SSD搭載時 5,280.6TB(注3 10,247.6TB
  • 注1
    本容量は、1kByte=1,000Byte して計算した物理容量です。
  • 注2
    本容量は、1kByte=1,024Byteとし、システム領域を除いた容量です。
  • 注3
    15.3TB SSD搭載時の値になります。

スケールアウト構成

モデル名 F8200 F8300
NASスケールアウト SANスケールアウト NASスケールアウト SANスケールアウト
スケールアウト 2-24ノード(12 HA-Pair) 2-12ノード(6 HA-Pair) 2-24ノード(12 HA-Pair) 2-12ノード(6 HA-Pair)

サポートドライブ

モデル名 F8200 F8300
SASディスクドライブ 2.5インチ / 容量(回転数) 1.8TB / 1.2TB(10,000rpm)
ドライブインターフェース SAS
ニアラインSAS
ディスクドライブ
容量(回転数) 10TB / 8TB / 4TB(7,200rpm)
ドライブインターフェース SAS
SSD 15.3TB / 7.6TB / 3.8TB / 960GB 30.6TB / 15.3TB / 7.6TB / 3.8TB / 960GB
ドライブ最大搭載数 (注1 480 720
  • 注1
    最大搭載数は、搭載するディスクドライブにより異なります。

コントローラー構成

モデル名 F8200 F8300
Ethernet FC
メモリ / 不揮発メモリ 256GB / 16GB 256GB / 32GB
Flash Cache (標準搭載 / 最大搭載) 2TB / 4TB 2TB / 4TB
10ギガビットイーサネットポート(10GBASE-T) 4 -
Onboard UTA2ポート(10GbE / 16Gb FC) 8 -
25GbE - 8 0
16Gb FC - 0 8
miniSASポート (12Gbit/s) 8 8
コントローラー用冗長電源 標準搭載

インターフェースカード/モジュール

モデル名 F8200 F8300
最大搭載数 4 10

コントローラー部設置諸元

モデル名 F8200 F8300
外形寸法 (W×D×H)[mm] 447 × 608 × 130 447 × 828 × 175
質量 最大構成時 34.5kg 49.2kg
電源条件 電圧 AC100V / 200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz / 60Hz (+2~-4%)
所要電力(100V時) 553W (565VA) 1,188W(1,213VA)
発熱量(100V時) 1,992kJ/h 4,279kJ/h
周囲環境条件(動作時) 温度 10~40℃ 10~35℃
湿度 10~80%RH (結露がないこと)
必要コンセント数 2 4
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS224Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F8200 F8300
外形寸法(W×D×H) [mm] 447 × 484 × 85
質量 最大搭載時(ディスク24台) 24.4kg
電源条件 電圧 AC100V/200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力(100V時) 1.2TB SAS搭載時 239W(244VA)
1.8TB SAS搭載時 231W(236VA)
960GB SSD搭載時 145W(148VA)
3.8TB SSD搭載時 126W(129VA)
7.6TB SSD搭載時 173W(177VA)
15.3TB SSD搭載時 152W(156VA)
30.6TB SSD搭載時 - 231W(236VA)
発熱量(100V時) 1.2TB SAS搭載時 861kJ/h
1.8TB SAS搭載時 833kJ/h
960GB SSD搭載時 523kJ/h
3.8TB SSD搭載時 455kJ/h
7.6TB SSD搭載時 624kJ/h
15.3TB SSD搭載時 548kJ/h
30.6TB SSD搭載時 - 591kJ/h
周辺環境条件(動作時) 温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 2 4
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS212Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F8200 F8300
外形寸法(W×D×H) [mm] 447 × 505 × 87
質量 最大搭載時(ディスク12台) 28.7kg
電源条件 電圧 AC100V/200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力(100V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 227W(232VA)
8TB ニアラインSAS搭載時 231W(236VA)
10TB ニアラインSAS搭載時 199W(204VA)
発熱量(100V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 818kJ/h
8TB ニアラインSAS搭載時 833kJ/h
10TB ニアラインSAS搭載時 718kJ/h
周辺環境条件(動作時) 温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 2 4
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS460Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F8200 F8300
外形寸法(W×D×H) [mm] 449 × 922 × 176
質量 最大搭載時(ディスク60台) 112kg
電源条件 電圧 AC200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力(200V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 1,266W(1,280VA)
8TB ニアラインSAS搭載時 1,283W(1,296VA)
10TB ニアラインSAS搭載時 1,166W(1,178VA)
発熱量(200V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 4,559kJ/h
8TB ニアラインSAS搭載時 4,620kJ/h
10TB ニアラインSAS搭載時 4,199kJ/h
周辺環境条件(動作時) 温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 2 4
コンセント形状 AC200V仕様 NEMA L6-15

省エネ法に基づく表示及び、エネルギー消費効率 [2011年度基準達成率]

モデル名 F8200 F8300
区分名 N N
ニアラインSAS搭載時 0.0022 [AAA] 0.0022 [AAA]
  • エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。
    省エネ基準達成率の表示語は、Aは100%以上200%未満、AAは200%以上500%未満、AAAは500%以上を示します。

ETERNUS NR1000 F8700/F9000 仕様・諸元

プロトコル・容量

モデル名 F8700 F9000
対応ネットワークプロトコル NFS / CIFS / iSCSI / FC / FCoE
最大物理容量(注1 1.8TB SAS搭載時 2,592TB 2,592TB
10TB ニアラインSAS搭載時 14,400.0TB 14,400.0TB
15.3TB SSD搭載時 - 7,344TB
30.6TB SSD搭載時 14,688TB -
最大ユーザ容量(注2 1.8TB SAS搭載時 1,903.1TB 1,932.5TB
10TB ニアラインSAS搭載時 9,987.8TB 9,987.8TB
15.3TB SSD搭載時 - 5,279.2TB
30.6TB SSD搭載時 10,247.6TB -
  • 注1
    本容量は、1kByte=1,000Byte して計算した物理容量です。
  • 注2
    本容量は、1kByte=1,024Byteとし、システム領域を除いた容量です。

スケールアウト構成

モデル名 F8700 F9000
NASスケールアウト SANスケールアウト NASスケールアウト SANスケールアウト
スケールアウト 2-24ノード(12 HA-Pair) 2-12ノード(6 HA-Pair) - -

サポートドライブ

モデル名 F8700 F9000
SASディスクドライブ 2.5インチ / 容量(回転数) 1.8TB / 1.2TB(10,000rpm)
ドライブインターフェース SAS
ニアラインSAS
ディスクドライブ
容量(回転数) 10TB / 8TB / 4TB(7,200rpm)
ドライブインターフェース SAS
SSD 30.6TB / 15.3TB / 7.6TB / 3.8TB / 960GB 15.3TB / 7.6TB / 3.8TB / 960GB
ドライブ最大搭載数 (注1 1,440
  • 注1
    最大搭載数は、搭載するディスクドライブにより異なります。

コントローラー構成

モデル名 F8700 F9000
Ethernet FC
メモリ / 不揮発メモリ 512GB / 32GB 1,024GB / 64GB
Flash Cache (標準搭載 / 最大搭載) 2TB / 4TB 2TB / 16TB
25GbE 8 0 -
16Gb FC 0 8 -
miniSASポート (12Gbit/s) 8 -
コントローラー用冗長電源 標準搭載

インターフェースカード/モジュール

モデル名 F8700 F9000
最大搭載数 10 20

コントローラー部設置諸元

モデル名 F8700 F9000
外形寸法 (W×D×H) [mm] 447 × 828 × 175 450 × 782 × 356
質量 最大構成時 49.4kg 97.3kg
電源条件 電圧 AC100V / 200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz / 60Hz (+2~-4%)
所要電力(100V時) 1,465W(1,495VA) 1,859W(1,897VA)
発熱量(100V時) 5,275kJ/h 6,694kJ/h
周囲環境条件(動作時) 温度 10~35℃ 10~40℃
湿度 10~80%RH (結露がないこと)
必要コンセント数 4
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS224Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F8700 F9000
外形寸法(W×D×H) [mm] 447 × 484 × 85
質量 最大搭載時(ディスク24台) 24.4kg
電源条件 電圧 AC100V/200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力(100V時) 1.2TB SAS搭載時 239W(244VA)
1.8TB SAS搭載時 231W(236VA)
960GB SSD搭載時 145W(148VA)
3.8TB SSD搭載時 126W(129VA)
7.6TB SSD搭載時 173W(177VA)
15.3TB SSD搭載時 152W(156VA)
30.6TB SSD搭載時 231W(236VA) -
発熱量(100V時) 1.2TB SAS搭載時 861kJ/h
1.8TB SAS搭載時 833kJ/h
960GB SSD搭載時 523kJ/h
3.8TB SSD搭載時 455kJ/h
7.6TB SSD搭載時 624kJ/h
15.3TB SSD搭載時 548kJ/h
30.6TB SSD搭載時 591kJ/h -
周辺環境条件(動作時) 温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 4 2
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS212Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F8700 F9000
外形寸法(W×D×H) [mm] 447 × 505 × 87
質量 最大搭載時(ディスク12台) 28.7kg
電源条件 電圧 AC100V/200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力(100V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 227W(232VA)
8TB ニアラインSAS搭載時 231W(236VA)
10TB ニアラインSAS搭載時 199W(204VA)
発熱量(100V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 818kJ/h
8TB ニアラインSAS搭載時 833kJ/h
10TB ニアラインSAS搭載時 718kJ/h
周辺環境条件(動作時) 温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 4 2
コンセント形状 AC100V仕様 NEMA 5-15
AC200V仕様 NEMA L6-15

DS460Cディスクシェルフ部設置諸元

モデル名 F8700 F9000
外形寸法(W×D×H) [mm] 449 × 922 × 176
質量 最大搭載時(ディスク60台) 112kg
電源条件 電圧 AC200V (±10%)
相数 単相
周波数 50Hz/60Hz (+2~-4%)
所要電力(200V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 1,266W(1,280VA) 1,266W(1,280VA)
8TB ニアラインSAS搭載時 1,283W(1,296VA) 1,283W(1,296VA)
10TB ニアラインSAS搭載時 1,166W(1,178VA) 1,166W(1,178VA)
発熱量(200V時) 4TB ニアラインSAS搭載時 4,559kJ/h 4,559kJ/h
8TB ニアラインSAS搭載時 4,620kJ/h 4,620kJ/h
10TB ニアラインSAS搭載時 4,199kJ/h 4,199kJ/h
周辺環境条件(動作時) 温度 10~35℃
湿度 20~80%RH(結露がないこと)
必要コンセント数 4 2
コンセント形状 AC200V仕様 NEMA L6-15

省エネ法に基づく表示及び、エネルギー消費効率 [2011年度基準達成率]

モデル名 F8700 F9000
区分名 N N
ニアラインSAS搭載時 0.0022 [AAA] 0.0022 [AAA]
  • エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。
    省エネ基準達成率の表示語は、Aは100%以上200%未満、AAは200%以上500%未満、AAAは500%以上を示します。

特長・機能

ETERNUS NR1000F seriesでは以下の多彩な機能を提供しています。各機能のサポート製品は異なりますので、詳細はそれぞれの機能ページの動作環境をご確認ください。

容易な導入と運用性

仮想化/グリーンIT

信頼性

バックアップ/災害対策

パフォーマンス

iSCSI

サービス

利用事例

カタログ・資料・動画

資料名 版数 サイズ
ETERNUS NR1000 series 総合カタログ PDF 2018年10月版 1,416KB
ETERNUS NR1000 F2720 PDF 2018年9月版 707KB
ETERNUS NR1000 F2750 PDF 2018年9月版 707KB
ETERNUS NR1000 F8200 PDF 2017年8月版 444KB
ETERNUS NR1000 F8300 PDF 2020年2月版 1,504KB
ETERNUS NR1000 F8700 PDF 2020年2月版 1,493KB
ETERNUS NR1000 F9000 PDF 2017年8月版 451KB

補足:ETERNUS 総合カタログ(DXを支えるデータを基盤を実現するストレージシステム)は「カタログ・資料」からご覧いただけます。

動画

導入事例

シダックス株式会社様
[2019年3月29日]

ETERNUS NR1000F + Northern Storage Suiteでファイルサーバを刷新
肥大化する情報資産の安全かつ効率的なデータマネジメントを実現

国立大学法人 山形大学様
[2018年4月20日]

「事務系仮想デスクトップ環境にオールフラッシュストレージを導入
レイテンシーは1ミリ秒以下、快適なレスポンスでユーザー満足度が向上

学校法人 工学院大学様
[2018年1月22日]

「オールフラッシュアレイ+vGPU」を軸に新VDIシステムを構築
いつでもどの端末からでも高度なグラフィック処理を実現できる学修環境を整備

株式会社三橋製作所様
[2016年5月18日]

各拠点のNASを統合し高性能・高信頼のファイルサーバを構築
バックアップ時間が半日から瞬時に、データ誤削除も迅速に復元

株式会社ニデック様、扶桑電通株式会社様
[2016年1月4日]

眼科医療機器大手ニデックが社内のファイルサーバを大幅統合
ストレージ選びの決め手は?

AGS株式会社様
[2015年5月26日]

セルフサービスポータル、無停止でのアップグレード、仮想ストレージ
先進技術で仮想化基盤を刷新し、ノウハウをお客様サービスに活かす

森トラスト株式会社様
[2015年3月24日]

事業環境の変化に柔軟な対応が可能なSAPインフラ基盤を構築

株式会社北海道朝日航洋様、株式会社北日本朝日航洋様、朝日航洋株式会社様
[2014年11月17日]

北海道と北日本の間で相互にバックアップを実現
データの保全性と管理面を強化し地域の安心・安全を支える

その他の導入事例を見る

リリース&トピックス

最新技術を採用したストレージ製品が登場!あらゆるビジネスを加速する「ETERNUS NR1000 series」

ストレージ業界のリーディングカンパニーであるネットアップ社とOEMパートナーシップを結ぶ富士通が、「ETERNUS NR1000 series」の製品ラインナップを拡充。 もっと読む

DXを牽引する高性能ストレージとパブリッククラウド連携の最前線(NetApp INSIGHT 2019 TOKYO出展レポート)

ネットアップ主催の年次イベント「NetApp INSIGHT 2019 TOKYO」の講演やブース展示の内容から、DX時代に求められるデータ活用を実現するテクノロジーやソリューションを確認する。 もっと読む

中小規模のオールフラッシュ活用を促進する
ETERNUS NR1000 C190新登場

スピード&柔軟性がビジネス成功の鍵。リーズナブルな価格でありながら、エンタープライズクラスの機能と性能を備えるオールフラッシュストレージ。 もっと読む

NVMe対応のオールフラッシュで未来をリード
ETERNUS NR1000 A320新登場

富士通のNAS製品オールフラッシュから新たに、エンドツーエンドNVMeシステムである「NR1000 A320」を販売開始し、データ利活用に最適なソリューションを提供いたします。 もっと読む

最新ストレージ専用OS「ONTAP 9」で進化する
ETERNUS NR1000 series ネットワークディスクアレイ

進展するデジタル社会のニーズに応えるのが、最新ストレージOS「ONTAP 9」を搭載したETERNUS NR1000 seriesです。時代のニーズに応えるべく、clustered Data ONTAPからONTAP 9へ専用OSとともにETERNUS NR1000 seriesは進化を続けます。 もっと読む

Data ONTAP搭載データ移行方法

無停止でスケールアウトを実現するストレージOS「clustered Data ONTAP」。コントローラーを拡張でき、複数のストレージを1つのストレージとして構築するスケールアウトを実現できます。 もっと読む

『安心して導入・運用できる』と実感
~導入・運用設計、ベンチマークから最新技術の検証まで~

富士通は、事前に評価・検証したうえでニーズに合った製品を導入していただけるように、NAS製品の導入をご検討されている法人のお客様に、FUJITSU Storage ETERNUS NR1000 seriesの評価機の無償貸出を実施しています。 もっと読む

ランサムウェア被害の実例から学ぶ
自社データを守る業務停止を回避する3つのポイント

専用ストレージOSだからこそ、感染被害から守れた最適なストレージ。 もっと読む

ハイブリッドクラウド時代の新定番!
仮想基盤に最適なオールインワン型データ保護ソリューション

富士通では、Veeam Softwareが提供するバックアップとレプリケーションソフトウェア「Veeam® Backup & Replication™」とFUJITSU Storage ETERNUSの組み合わせにより、シンプルな仮想環境のバックアップと、低コストでデータ保護が実現できるソリューションをご提供します。 もっと読む

バックアップ/アーカイブのお悩み、解決します!
今なら無償!投資効果に役立つアセスメントサービス

ETERNUS+Commvaultで実現する統合データ保護。 もっと読む

仮想環境の複雑化は見える化で解決
ETERNUS NR1000 series + ETERNUS SF MA

仮想環境の「あるある課題」をNR1000が解決。 もっと読む

「攻めのIT」を実施するための基盤を構築高性能ストレージとITインフラの統合管理

高性能ストレージ「ETERNUS NR1000 series」が「FUJITSU Software Infrastructure Manager」との連携でさらに使いやすく、効率的なITインフラ管理体制が完成します。 もっと読む

20年の「信頼」と「実績」 ETERNUS NR1000 series

ETERNUS NR1000 seriesは、富士通と米国NetApp社とのOEMパートナーシップによって、約20年にわたり、製品開発、商品化、サポートに至るまでNetAppt社と緊密な技術協力を重ねながら、時々のニーズに合った最適なソリューションを提供しています。 もっと読む

遠隔地バックアップソリューション

遠隔地での保管に必要な機器を所有することなくバックアップの取得が可能になり、お客様のデータをより堅固に保護することができる「DRサービス for NetApp」ソリューションをご紹介します。 もっと読む

1分でマスター!オールフラッシュ ~基礎から実践まで~

ビッグデータや、IoT、AIといった技術を活用するために、オールフラッシュの導入が進んでいます。技術用語解説をはじめ、フラッシュストレージの特長、最新動向など、手軽に1分間程度で読めるオールフラッシュ解説記事を毎月お届けします。 もっと読む

トピックス一覧

ページの先頭へ