GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. FUJITSU Storage ETERNUS NR1000F series ネットワークディスクアレイ

FUJITSU Storage ETERNUS NR1000F series ネットワークディスクアレイ

ネットワーク処理とファイルシステム処理を一体化し、高速化を実現した高性能・高信頼のファイルサーバ

重複排除・圧縮で5倍お得!パフォーマンスへの影響はわずか (重複排除・圧縮機能によるストレージ容量削減比率を5:1と想定して算出。 (当社実測値) [NR1000A series]

富士通のNASとは

多種多様なサーバやクライアントが混在する複雑なネットワーク上では、ファイル管理のための負担が増える一方です。こうした中、ストレージ統合やファイル共用は、ファイル管理の負荷を軽減する手段として注目されています。NASとは、ネットワーク接続のストレージ装置のことです。よくNASをファイルサーバと言うことがありますが、NASのそもそもの成り立ちがファイルサーバ専用機だったことに由来します。富士通のNASは、ネットワーク処理とファイルシステム処理を一体化し、高速化を実現した高性能かつ信頼性に優れたファイルサーバです。各種ファイルアクセスプロトコルのマルチサポート、ハイパフォーマンス、高い拡張性を実現。すでにCAD/CAE、インターネット/イントラネットなど様々な分野で、多数のサーバやクライアントがアクセスするファイルの共通の格納庫として実績をあげています。
富士通のNAS製品は、さまざまな機能を組み合わせデータの有効活用を主眼としたストレージソリューションとして提供し、可用性の高いストレージ環境を創造します。

富士通のNAS製品 ETERNUS NR1000F series


ETERNUS NR1000
F2720/F2750


ETERNUS NR1000
F8200


ETERNUS NR1000
F9000

DAS、NAS、SANの違い

ストレージシステムの形態は、DAS(Direct Attached Storage)、NAS(Network Attached Storage)、SAN(Storage Area Network)に分類できます。簡単に言えば、サーバに直接接続するシステムがDASで、ネットワークにストレージを接続するシステムがNASまたはSANです。中でもNASは、既存のLANに接続可能なため、比較的導入が容易で初期コストも抑えられます。 以下、NAS、SANの違いは以下の通りです。

  DAS NAS SAN
メリット
  • ネットワークを介さず、サーバにストレージを直接接続するため、スキルや知識がなくても簡単に導入できる。
  • 導入コストが低い。
  • ストレージを既存のLANに接続するため、導入が比較的容易である。
  • 導入コストが比較的低い。
  • ストレージ専用のネットワークを構成するため、アクセスが非常に高速。
  • システムを冗長構成にすることで可用性が向上できる。
  • ストレージの集中管理が可能。
デメリット
  • サーバを経由してアクセスするため、アクセス速度が遅い。
  • サーバで障害が発生するとストレージにアクセスできない。
  • 増設時にはサーバの増設も必要であり、コストや管理の負荷が大きくなる。
  • アクセス速度は既存のLANに依存する。
  • LANに対する負荷が大きく、ネットワーク速度低下の原因となる。
  • 導入時には高度なスキル・知識が必要。
  • 専用機器が必要であるため、導入コストが高い。
構成例 1台のサーバに1台のストレージ ファイルサーバの統合 SANによるストレージの統合
詳細情報 DASとは NASとは SANとは

NAS製品関連ページ

【無償】導入前に安心・納得!評価検証用貸出機のご案内 / FUJITSU Storage ETERNUS NR1000 series

「攻めのIT」を実施するための基盤を構築 高性能ストレージとITインフラの統合管理 [ETERNUS NR+Infrastructure Manager]
仮想環境の複雑化は見える化で解決 [ETERNUS NR1000 series + ETERNUS SF MA]

ハイブリッドクラウド時代の新定番!
仮想基盤に最適なオールインワン型データ保護ソリューション

ランサムウェア被害の実例から学ぶ
自社データを守る業務停止を回避する3つのポイント

遠隔地バックアップソリューション
遠隔地保管に必要な機器を所有することなくバックアップ取得が可能

Data ONTAP搭載データの移行方法
「7-Mode」から「clustered Data ONTAP」への移行方法をご説明します

NAS製品導入事例 ピックアップ

シダックス株式会社 様
事業拡大やペーパーレス化に伴うデータ量急増に対応するべく、ファイルサーバに富士通のストレージ ETERNUS NR1000 seriesおよびストレージ管理ソフトウェア Northern Storage Suiteを導入。安全かつ効率的なデータマネジメント基盤を構築しリソースの最適化を図り、グループの成長を支えています
【業種】その他
【課題】性能向上、安定稼働、バックアップ効率化
【機能・キーワード】クオータ、ランサムウェア、重複排除

国立大学法人 山形大学様
豊かな人間性と高い専門性を兼ね備えた人材育成に取り組む山形大学。同大学は、既存の仮想デスクトップ環境におけるブートストームやバックアップの課題をコストパフォーマンスに優れたオールフラッシュストレージを導入。レイテンシーは1ミリ秒以下、快適なレスポンスでユーザー満足度の向上を実現
【業種】文教
【課題】性能向上、コスト抑制、バックアップ効率化
【機能・キーワード】シンクライアント、災害復旧、ウィルス対策

NAS製品ラインナップ

ETERNUS NR1000 F2720/F2750 FUJITSU Storage ETERNUS NR1000 F2620/F2650

【ローエンド】容量:最大2,203.2TB
ネットワーク環境におけるデータの統合と活用をサポートするネットワークディスクアレイ。

ETERNUS NR1000 F8200 FUJITSU Storage ETERNUS NR1000 F8200

【ミッドレンジ】容量:最大7,344TB
ネットワーク環境におけるデータの統合と活用をサポートするネットワークディスクアレイ。

ETERNUS NR1000 F9000 FUJITSU Storage ETERNUS F9000

【エンタープライズ】容量:最大14,400TB
ネットワーク環境におけるデータの統合と活用をサポートするネットワークディスクアレイ。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS