高度な運用性を誇るストレージが
SAN専用All Flash Arrayに進化
~ビジネスクリティカルなワークロードのニーズに応える~
ETERNUS AX series All SAN Array(ASA)

データセンターは進化を続けており、SANストレージシステムなどのインフラを更新(移行)する場合には、データ管理オペレーションの効率性やコスト削減を考慮しながら、Oracle、SQL Server、SAPデータベースの最新バージョンへの移行やアプリケーションのアップグレードを検討する必要があります。また、これらのSANストレージシステムは常にビジネスクリティカルなワークロードを実行しているため、フェイルオーバーが発生した場合でも、お客様のアクセスを中断しない「高可用性アーキテクチャ」が重要な要件となります。
さらに、クラウドやモバイルといったテクノロジーが社会に浸透したことで、企業に蓄積されるデータ量は飛躍的に増加しているため、こうしたデータを有効利用するには、AI/機械学習、ビッグデータ分析といった “データドリブン”なITシステムも求められています。

 

最新オールフラッシュストレージ「ETERNUS AX2100/AX2200/AX4100」は、ストレージOSであるONTAPが持つ高度な運用性を活かしながら、SANストレージシステムに求められる高度なニーズに応える製品です。
実績豊富な高速で効率的なデータ保護、重複排除・圧縮・コンパクションを組み合わせた容量効率化に加え、クラウドとのシームレスな連携により次世代の柔軟性を実現するハイブリッドクラウド機能はそのままに、可用性と性能を向上させています。

01.可用性

ダウンタイムの短縮とスムーズなプロビジョニングを実現

ETERNUS AX seriesは高速SSDを採用したオールフラッシュ構成で、高い処理能力を実現しています。さらにAll SAN Array(ASA)になったことで、信頼性と利便性が向上しているのも見逃せないメリットです。従来のユニファイドモデルでは、コントローラーに異常が発生した際のフェイルオーバー時に若干のダウンタイム(30秒以上かかる場合もある)が発生するといった課題がありましたが、ASAでは2秒程度にまで短縮。実質システムを停止することなくパスを切り替えられ、システムダウンのリスクを軽減することができます。
また、ユニファイドモデルではデフォルトの設定画面がNAS向けのものとなっており、SANストレージとして導入する際には設定画面を切り替える必要がありました。それに対しNAS機能がオミットされたASAでは、デフォルトでSAN向けの設定画面が表示されるため、導入時の設定がスムーズに行えます。ハードウェア的な構築が終わっていれば、数分でプロビジョニングを構成することが可能で、ONTAPの使いやすいインターフェイスと合わせて、導入・運用の負荷を軽減できます。

02.性能

すべてのビジネスクリティカルなアプリケーションにとって重要な高速レスポンスタイム

ETERNUS AX4100は、NVMe+SASの複数ポートを搭載。高いIOPSを実現しており、ハイエンドモデルに迫る性能を持つミッドレンジモデルです。また、パフォーマンスとストレージ効率を向上させるハードウェアアクセラレーションカードを搭載してます。また、最新のシステムであり低価格のエントリー モデルETERNUS AX2200は、エンドツーエンドでNVMeをサポートしており、エントリレベルでありながらワンランク上の性能を有したモデルです。
ETERNUS AX seriesは、優れた性能を超低レイテンシで実現すると同時に、ストレージ効率、暗号化、組み込み型のデータ保護、セキュリティ機能も提供します。これらはすべて、効果的かつ効率的なIT運用に必要な重要な機能です。

03.クラウドコネクション

「FabricPool」の採用で、コストと設置面積の削減を実現

ユニファイドモデルと同じくNetAppのストレージOS「ONTAP」を採用しているため、クラウドとの連携によりオールフラッシュの課題となる容量コストの高さも解消することが可能。ONTAPで使える「FabricPool」機能を利用すれば、ETERNUS AX seriesとクラウドを連携して1つのデータプールとして扱うことができます。アクセス頻度に応じてデータを自動的に階層化し、頻繁に使うデータをETERNUS AX seriesに、それ以外のデータをクラウドに保存することで、処理能力と容量コストを最適化できます。ONTAPには高度な重複排除・圧縮機能が搭載されており、効率的なデータ運用が行えるのもポイントです。富士通が提供する国産クラウド「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O」をはじめ、「FUJITSU Hybrid IT Service for AWS 」や「FUJITSU Hybrid IT Service for Microsoft Azure」などのクラウドサービスに対応しており、ハイブリッドクラウド環境の構築を柔軟に行えます。

バックアップサイトをクラウド上に構築して投資コストを最適化

また、クラウド側にストレージOSの「Cloud Volumes ONTAP」を導入すれば、ETERNUS AX seriesをより効果的に活用できます。SnapMirror機能などを利用すれば、バックアップやレプリケーション、DR(災害復旧)をクラウドと連携して実行できるうえ、オンプレミスに専用のバックアップサイトを用意する必要がなくなるなど、投資コストの最適化も実現します。

MOVIE「ETERNUS AX Seriesが提供するSANソリューション」

All SAN Array(ASA) ETERNUS AX seriesラインナップ

All SAN Array(ASA)の基本的なスペックはETERNUS AX2100/AX2200/AX4100の1筐体(2コントローラ)構成と同様となります。また、スケールアウト構成もサポートしております。AX2100は、最大144のSAS-SSDを搭載可能で、Fibre Channelまたは、iSCSIホストインターフェイスを8ポート。AX2200は、最大48のNVMe-SSDを搭載可能で、Fibre Channelまたは、iSCSIホストインターフェイスを16ポート。AX4100は、最大480のSAS-SSDとNVMeSSDを搭載可能で、Fibre Channelまたは、iSCSIホストインターフェイスを16ポート備えるなど、充実した仕様となっています。

    • AX2100 AX2200 AX4100
      NAS 最大Controller数 24 (1HA: 2) 24 (1HA: 2) 24 (1HA: 2)
      NAS 最大Drive搭載数 1728 (1HA: 144)
      (SAS-SSD)
      576 (1HA: 48)
      (NVMe-SSD)
      5760 (1HA: 480)
      (NVMe-SSD, SAS-SSD)
      NAS 最大システムメモリ容量 768GB (1HA: 64GB) 1536GB (1HA: 128GB) 3072GB (1HA: 256GB)
      All SAN Array(ASA)system
      SAN 最大Controller数 12 (1HA: 2) 12 (1HA: 2) 12 (1HA: 2)
      SAN 最大Drive搭載数 864 (1HA: 144)
      (SAS-SSD)
      288 (1HA: 48)
      (NVMe-SSD)
      2880 (1HA: 480)
      (NVMe-SSD, SAS-SSD)
      SAN 最大システムメモリ容量 384GB (1HA: 64GB) 768GB (1HA: 128GB) 1536GB (1HA: 256GB)
      ホストインタフェース [搭載ホストI/Oポート]
      ・FC (8/16G)
      ・iSCSI (1/10G)
      ・Ethernet(NAS)
      (1/10G)
      [搭載ホストI/Oポート]
      ・FC (8/16/32G)
      ・NVMe/FC(32G)
      ・iSCSI (10/25G)
      ・Ethernet(NAS) (10/25G)
      [搭載ホストI/Oポート]
      ・FC (8/16G)
      ・iSCSI (25G)
      ・Ethernet(NAS) (10/25G)

      [拡張アダプタI/Oポート]
      ・FC (8/16/32G)
      ・iSCSI (10/25/40/100G)
      ・Ethernet(NAS) (10/25/40/100G)

ETERNUS AX series製品情報

2022年1月14日

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)