GTM-MML4VXJ
Skip to main content

書き換え可能なSnapshot™
フレックスクローン機能

今までのData ONTAP®標準機能「Snapshot™」で作成していた複製ボリュームは読み込み専用でしたが、Data ONTAP®7.0.1より、読み込み/書き込みが可能な複製ボリューム(フレックスクローンボリューム)を作成することができる「フレックスクローン機能」をサポートしました。
「フレックスクローンボリューム」は、本番業務ボリューム(フレックスボリューム)、または、別のフレックスクローンボリュームのSnapshot™を元にして、わずか数秒で作成可能な複製ボリュームです。

Open System SnapVault + SnapMirror

本番業務ボリュームを元にしたフレックスクローンボリュームを作成すると、さまざまなテストに活用できます。また、テストがうまく動作しない(不要になった)場合は、本番業務ボリュームに影響をあたえることなく、フレックスクローンボリュームを破棄することができます。
このため、このフレックスクローンボリュームは、テストや開発を必要とする環境で、実働中のボリューム(オリジナルデータ)の状態を損なうことなく、変更(書き込み)可能な複製ボリュームを複数配置し、繰り返し改善を重ねて作業を進めたい場合等に適しています。

効果

  • ある時点の本番業務データのスナップショットコピーを作成する機能です。複製されたボリュームは、テスト用/別の処理用に使用できます。複製されたボリュームに対するテストアプリケーション/別アプリケーションからのデータ更新は、コピー元ボリュームを利用している本番業務に影響をあたえることはありません。
  • 省資源
    フレックスクローンボリュームが使用する容量は、コピー元のボリュームに対する変更、およびフレックスクローンボリュームに対する変更のみとなるので、ディスク容量を効率的に利用できます。

動作環境

サポートストレージ ETERNUS NR1000F series
ETERNUS NR1000A series
OS Data ONTAP® 7.0.1以降
必須オプション FlexClone制御機構

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS