GTM-MML4VXJ
Skip to main content

容易な導入・活性増設

NR1000F/NR1000A seriesの導入は、サーバ側に新たなソフトウェアやドライバの導入は不要です。LAN(Hub)に接続しネットワーク設定を行うだけで使用可能になります。また、ディスク1本単位でシステム運用に影響を及ぼすことなく活性増設が可能です。

柔軟な導入スタイル

  • 既存LANへは、業務の運用を停止することなく導入が可能。(下図の*1)
  • 専用LANの構築により、既存LANへのトラフィックの増加発生なし。(下図の*2)
  • データ容量不足には、NR1000F/NR1000A seriesの活性導入で対応。(下図の*3)
容易な導入

汎用サーバに比べてインストール時間を大幅に短縮注1

(注1) 運用には別途 ディスク設計(ディスク領域割付)と運用設計(Quota設定/Snapshot設定等)の設定が必要です。

- 活性増設
NR1000F/NR1000A seriesでは、ディスク1本単位からシステム運用に影響を及ぼすことなく活性増設が可能です。
理由は、RAID4/RAID-DPの採用、および、NR1000F/NR1000A seriesの専用ファイルシステムであるWAFLの採用によるものです。
また、WAFLの採用によりメタデータを格納するブロックを固定位置に置く必要がなくなるので、ファイルシステムを再作成することなくボリューム(ファイルシステム)を動的に拡張可能です。
さらに、運用中のシェルフ増設を可能とし、運用を停止することなく容量を拡大することができます。

  • ネットワークシステムの業務運用を無停止で増設可能。
  • RAID4/RAID-DPの採用により、1ディスクドライブ単位での活性増設が可能。
  • ストレージシェルフに空きスロットがない場合は、シェルフ単位で活性増設。注2
ストレージシェルフの増設

(注2) ストレージシェルフの活性増設は、NR1000F/NR1000A seriesの構成条件により異なります。

動作環境

サポートストレージ ETERNUS NR1000F series
ETERNUS NR1000A series

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS