GTM-MML4VXJ
Skip to main content

災害対策、迅速なデータ復旧
SnapMirror®機能

SnapMirror®はLANまたはWANを経由して遠隔地にNR1000F/NR1000A seriesを設置し、自動でミラーリングを行い、複数台のNR1000F/NR1000A seriesで同じデータを管理する機能です。

目的・用途

SnapMirror®の機能を使うことにより、NR1000F/NR1000A series間で増分データを転送することで高速バックアップが簡単に行えます。また、広域,多数のクライアントから参照されるデータを分散化することが可能です。
そして、災害対策としてもお客様の大切な資源を守ります。

機能概要

  • NR1000F/NR1000A seriesのボリュームを別のNR1000F/NR1000A seriesのボリュームへミラーリングする機能。
  • ミラーリングは曜日、日付、時分で自動スケジューリングが可能。
  • 2回目以降のミラーリングは差分のみを反映するため、運用中のネットワーク負荷を最小限にすることができます。
SnapMirror機能

効果

  • NR1000F/NR1000A series間で高速バックアップが可能。
  • 災害時の、迅速なデータ復旧が可能。
  • 広域,多数のクライアントが参照するデータを分散させることでネットワークの負荷を分散。

動作環境

サポートストレージ ETERNUS NR1000F series
ETERNUS NR1000A series
必須オプション SnapMirror®制御機構

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。

関連情報


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS