GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ >
  5. ハイブリッドストレージシステム >
  6. ETERNUS NR1000F series >
  7. 複数のクライアントのデータを統合バックアップ SnapVault™機能

複数のクライアントのデータを統合バックアップ
SnapVault™機能

目的・用途

  • 複数クライアントのデータの統合バックアップを実現します。
  • バックアップ時のネットワーク負荷を低減させます。
  • 遠隔地へのバックアップを実現します。

機能概要

複数のNR1000F/NR1000A seriesからバックアップ用のNR1000F/NR1000A seriesにデータをコピーすることで統合バックアップを実現する機能です。

  • 曜日、日時単位のスケジュール設定にしたがって、バックアップします。
  • 2回目以降のデータは更新データのみのバックアップが可能です。
  • WAN経由で遠隔地へのバックアップが可能です。
SnapVault機能

(注) 同一システム上でSnapVaultのプライマリ機能とセカンダリ機能の両方を利用することはできません。 

効果

  • 災害対策に最適なSnapMirror機能より、安価な遠隔地コピーが可能です。
  • 複数のNR1000F/NR1000A seriesのデータを、統合バックアップします。
  • 遠隔地へのバックアップにより災害対策にも利用できます。また更新データのみバックアップするのでネットワーク負荷を低減します。

動作環境

サポートストレージ ETERNUS NR1000F series
ETERNUS NR1000A series
OS Data ONTAP® 6.2以降
必須オプション SnapVault制御機構(Primary)、 SnapVault制御機構(Secondary)

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS