GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ディスク交換時にも冗長性維持
rapid RAID recovery機能

目的・用途

ディスク障害の再構築時にも冗長性の低下を防ぐ機能です。

rapid RAID recovery

機能概要

  • 故障ディスク切替え時に発生していた冗長性が途切れることなく、常に安定した業務運用を実現します。
  • ディスクドライブ障害の予兆を検出した時点でホットスペアディスクとの入れ替え動作を開始します。
  • 簡単なコピー処理のため、RAIDへの負荷が最小化されます。また、ディスク予防交換が短時間で済みます。

効果

  • ディスク予防交換時にも冗長性が保たれます。

動作環境

サポートストレージ ETERNUS NR1000F series
ETERNUS NR1000A series
OS Data ONTAP® 6.5.1以降

(注)本ページでご紹介している製品・機能・サポート内容などは都合により予告なく変更することがありますので予めご了承ください。


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS