国連グローバル・コンパクト

富士通は2009年12月、国連が提唱する「グローバル・コンパクト」への支持を表明しました。富士通グループは、グローバル・コンパクトが掲げる10原則に基づき、グローバルな視点からCSR活動に積極的に取り組むことで、国際社会の様々なステークホルダーからの要請に応えるとともに、真のグローバルICT企業としての責任ある経営を推進し、持続可能な社会づくりに貢献していきます。

国連グローバル・コンパクトとは

<国連グローバル・コンパクトの10原則>

国連グローバル・コンパクトは、「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野において、企業が遵守すべき10原則を示したものです。

  1. 人権
    原則1. 人権擁護の支持と尊重
    原則2. 人権侵害への非加担
  2. 労働
    原則3. 結社の自由と団体交渉権の承認
    原則4. 強制労働の排除
    原則5. 児童労働の実効的な廃止
    原則6. 雇用と職業の差別撤廃
  3. 環境
    原則7. 環境問題の予防的アプローチ
    原則8. 環境に対する責任のイニシアティブ
    原則9. 環境にやさしい技術の開発と普及
  4. 腐敗防止
    原則10. 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

国連グローバル・コンパクトのロゴマーク



「富士通グループ サスティナビリティレポート」に記載の2018年度のCSR活動と国連グローバル・コンパクトとの関連は「GRIスタンダード/国連グローバル・コンパクト(GC)対照表」をご参照ください。
https://www.fujitsu.com/jp/about/csr/guideline/

  • (注):
    2012年度より当社のCOP(Communication on Progress)はAdvanced Levelとして提出しています。
ページの先頭へ