お取引先様の通報窓口について

富士通グループでは、コンプライアンス推進の一環として、内部通報窓口を設置、運営しています。
富士通グループの役員・従業員が調達活動に関して、コンプライアンス違反行為をした場合、または、その疑念がある場合には、下記の案内に沿ってご通報ください。

  1. 利用者:富士通グループが直接に物品、ソフトウェア、サービス等を調達している取引先会社ならびにその役員および従業員等
  2. 通報・相談の対象:富士通グループ(富士通が直接または間接に50%を超える出資をしている会社)の役職員が調達活動に関して、コンプライアンス違反行為をした場合、または、その疑念がある場合
  3. 通報者・相談者の保護 : 富士通の内部通報制度においては、通報・相談したことをもって、ご通報者およびその勤務先に対して不利益な取扱いをすることを禁止しています。
  4. 注意事項:
    • 詳細な内容のヒアリングや通報に対する対応のフィードバック等をすることがありますので、ご通報者の勤務先名・氏名・所属部署名を出来る限りご明示ください。
    • 個人に対する誹謗・中傷は固くお断りいたします。
    • 当社に対し、勤務先名・氏名等を明らかにしたくない場合は、社外窓口にその旨を伝えていただければ、ご通報者が特定されない形にしたうえで社内窓口に情報が共有されます。
    • ご通報者の個人情報は、ご本人の承諾を得ない限り、対応部門以外の部門には開示いたしません。
    • 通報の証拠となり得る資料、データ等がある場合には添付資料として提出ください。(不明瞭な内容で通報された場合、必要な調査ができません。)

【社内窓口】
富士通株式会社 コンプライアンス法務室(受付サイト:Fujitsu Alert)

【社外窓口】
さくら法律事務所(電子メール)

※従来の「お取引先コンプライアンスライン」について、2021年10月1日より、窓口名称および受付システムを変更いたしました。ただし、従来の窓口趣旨、受付・対応体制等に変更はありません。

ページの先頭へ