サステナビリティ報告に関する考え方

サステナビリティサイトと同データブックについて

富士通は2019年度より、「富士通グループ統合レポート」の非財務情報をより詳細にお伝えするために「サステナビリティ」サイトを作成し、サステナビリティ情報のアップデートに対するニーズに迅速に対応しています。
なお、公開した情報を記録する目的で、毎年9月末にウェブサイトの内容を纏めたPDFファイル「サステナビリティデータブック」を発行いたします。
ウェブサイトの情報更新履歴はこちらをご覧ください。

富士通グループ情報開示体系について
富士通グループ情報開示体系について

参考ガイドライン

  • GRIスタンダード
  • 環境報告ガイドライン(環境省 2012年・2018年版)
  • 国連グローバルコンパクト
  • ISO26000

報告期間

本ウェブサイトでは、2018年度(2018年4月1日から2019年3月31日)の活動を中心に報告しており、記載しているデータはその実績値です。ただし、サステナビリティに関連する重要な報告については、一部、2019年9月末日までの情報を含みます。

本ウェブサイトの想定読者

お客様、社員、株主・投資家、お取引先・事業パートナー、国際社会・地域社会、公共機関、行政などのステークホルダーの皆様を読者と想定しています。

対象報告組織

社会パートの対象報告組織については、主に富士通グループ全体を対象としています。
なお文中では「富士通」は富士通株式会社、「富士通グループ」は富士通株式会社および国内外の連結子会社、「富士通および国内グループ会社」は富士通株式会社と国内連結子会社を指します。
その他上記にあてはまらない場合は、個々に対象範囲を記載しています。

第三者保証について

富士通グループ サスティナビリティデータブック2019において、開示情報の信頼性確保のためにビューローベリタスジャパン株式会社の第三者保証を受けています。

問い合わせ先

更新履歴

ページの先頭へ