リアルタイム
映像伝送装置
IP-HE950

IP-HE950は、最新の映像符号化技術H.265/HEVCを採用したリアルタイム映像伝送装置です。H.265はH.264の約2倍の圧縮効率を実現します。高性能LSIを採用し、1Uハーフラックサイズの小型筺体で4K映像のリアルタイム伝送を実現します。

特長

(注)1部エンハンス機能を含みます。

1Uハーフラックサイズ

1Uハーフラックサイズ(A4相当)の小型筐体を実現します。フロントに操作パネルを実装し、PCレスの制御が可能です。

SD~4Kに対応

標準機能でSD~HDの映像に、オプション追加で4K映像に対応します。HDで導入し、4K映像の環境整備に合わせて4Kにアップグレードする事で、効率的な設備投資が可能です。デコーダーは受信フォーマット、符号化方式を自動認識して復号、映像信号を出力します。エンコーダー/デコーダー対向でHD映像4本の伝送も可能です。

エラー訂正機能

IPシリーズで実績のあるFEC/ARQの組み合わせによるエラー訂正機能、業界標準のSMPTE-2022-1を実装し、強力なエラー訂正機能を提供します。2系統のLANインタフェースの実装による冗長化に対応し、より強固なネットワークエラー耐性を実現します。

素材伝送に必要な機能

4:2:2フォーマット、8chオーディオに対応し、アンシラリーデータ転送機能を実装します。

多様な入出力インタフェース

装置本体に実装したBNCコネクターは12G/3G/HD/SD-SDIに対応します。また、アナログオーディオにも対応します。SFPを採用し、HDMIやSDI over IPなどの新しい映像インタフェースにも対応します。

IP,DVB-ASIへ複数同時配信

IPネットワークで複数地点へのユニキャスト配信、マルチキャスト配信が可能です。同時にDVB-ASIに出力できます。DVB-ASI、IPの両方でBISS暗号化に対応します。

デュアルエンコード機能

エンコーダー1でH.265、エンコーダー2でH.264の様に同一映像を異なる符号化で同時配信可能です。既設システムからの柔軟な移行をサポートします。

ダウンロード

IPシリーズ・ FutureyeⅡに関するお問い合わせ

ページの先頭へ