FUJITSU Public Sector SolutionSocial Century Transport 保安通信ネットワーク

システム概要

鉄道運行に関する設備システムは、各設備ベンダーが設備システムと合わせてメタルやモデム等で個別に構築し、システム毎に信頼性を確保・維持していましたが、設備システムの更新や最新化に伴い、求められるネットワークの高速化/ IP化が進み、ネットワークの見直しが課題となっています。
高速大容量のネットワークにより、各設備のネットワークを集約する事により、運用メンテナンスの効率化やコストの削減が図れると同時に各設備の高度化にも対応し、より安心/ 安全な鉄道輸送を実現します。

システムイメージ

保安通信ネットワーク システムイメージ

特長

高信頼/高品質

冗長性や低遅延である事を前提とし、ポイント-ポイント、リニア、リング、メッシュ、リング間接続などのネットワークトポロジに対応可能です。
メッシュ、リング間接続においては、8方路(8degree)の構成が可能です。(1FINITY/FW2530シリーズ)

長寿命/長期保守への対応

10年間以上の稼働を前提とした製品設計、保守対応の体制を実現しております。 

高速大容量

将来も見据えた高速大容量のネットワークを構築できます。
最大117波長(Flexgrid機能使用時)の多重伝送を行い、200Gbpsのクライアント信号を収容することで、最大23.4Tbpsの大容量伝送を実現します。(1FINITY)

実績のある安定した技術

大手鉄道会社、新幹線等で実績があります。(保安通信ネットワークシリーズ)

お問い合わせ/ご相談

ページの先頭へ