FUJITSU Public Sector Solutionテレメータ放流警報システム

システム概要

近年の自然環境変化により異常降雨が頻発しており、河川流域の状況把握やダム放流時の地域住民への警報などの対策が必要となっております。
テレメータ放流警報システムは、雨量や河川の水位情報等を収集し、ダム放流時にダムや河川流域の地域住民へ、警戒避難情報を迅速に伝達し、洪水被害の防止、地域住民の安全の確保を支援するシステムです。
国土交通省の標準仕様に準拠したテレメータ放流警報システムを提供いたします。

システムイメージ

システムイメージ

特長

多様なシステム規模に対応

お客様予算に合わせて、スモール構成から、災害対策室を含んだ大規模構成まで対応が可能です。

信頼性の高いシステム

無線回線および光回線の二重化による信頼性の高いシステムを提供します。

観測装置、警報装置の屋外局舎が不要

テレメータ観測装置(雨量局、水位計)および放流警報装置を屋外筐体に収容可能です。

地域住民に対する多様な情報提供

地域住民に対し、サイレン、回転灯、スピーカ、表示板など多様な手段で情報提供します。

お問い合わせ/ご相談

  • system.png
ページの先頭へ