Fujitsu 安全航行支援ソリューション

システム概要

海上輸送量増加・船舶大型化に伴い、世界では重大な船舶事故が相次いでおり、海上交通の安全性確保が重要となっています。また、船舶事故の多くはヒューマンエラーに起因しており、港付近や湾内などの混雑する海域での運用管制官を支援する技術が求められています。

安全航行支援ソリューションは、 受信したAISデータ(※)を基に船舶の位置や速度、向きを把握し、衝突リスク及び衝突リスク同士が集中するエリアを高精度にAIで予測し、可視化することで、船舶航行における「海上交通管制業務」、「船上見張り業務」の支援と海上交通の安全性向上に貢献します。  
※AIS: Automatic Identification System(船舶自動識別装置:船舶の位置/速力/針路の情報や安全に関する情報を電波で送受信する仕組み)

利用イメージ

安全航行支援ソリューション 利用イメージ

本ソリューションの特徴

管制業務/船舶見張り業務を高度化(早期検知/状況に合わせた段階的アラート)

  

AI(人工知能)を活用して衝突リスクを正確に定量化することで、対象船舶間の早期認知や衝突回避の迅速な初動対応に加え、見張り業務従事者のスキル平準化及びヒューマンエラーの低減を支援します。

交通管制/船舶連携による総合的なリスクマネジメントをサポート

  

交通管制/船舶双方へ同レベルの情報を提供し、互いにリスク情報をデジタルに共有することで、多角的(海域視点+船舶視点)にリスクマネジメントを支援します。

他社製品へAIプログラムの組み込みが可能

  

衝突リスク計算を行うAIプログラムをVTS/舶用機器等へ組み込み可能です。これにより、 VTS/舶用機器等の機能強化に貢献します。

関連リンク

※本商品は日本財団の助成を受け開発いたしました。

お問い合わせ/ご相談

ページの先頭へ