FUJITSU Public Sector SolutionSocial Century Platform 道路河川映像解析ソフトウェア
powered by Zinrai

システム概要

道路や河川の監視業務では、監視カメラの膨大な映像データを確認し、異常事象への対処を行う必要があります。
本ソリューションは、 AI技術を活用して、様々な映像から物体(車両・二輪車・人物など)や水面を自動認識し、交通量計測や道路・河川の異常事象検知を迅速に行うことで、監視業務を効率化します。

システムイメージ

道路河川映像解析ソフトウェア システムイメージ

特長

昼夜、天候に左右されにくいAI映像解析

富士通のZinraiナレッジを活用したAI学習モデルにより、様々な映像から物体や水面を自動認識します。
画像認識にディープラーニング技術を活用することにより、夜間・天候などの外部環境の影響が少なく、精度の高い画像認識を実現します。

道路管理業務の効率化

通行車両、二輪車、人物の交通量や速度等を計測するとともに、車両の速度超過や逆走、渋滞といった突発的な事象や、冠水した道路上の水面を検知します。
重大事故や冠水エリアへの車両侵入を防ぐなど、交通の安全を支える道路管理業務を効率化します。

河川管理業務の効率化

河川の映像から水面エリアを認識し、河川の越水等をAIで自動検知します。
現状の目視監視の負担を削減し、河川管理業務を効率化します。

業務アプリとのAPI連携

交通量や交通・河川の事象情報を、APIを介して業務アプリケーションに提供するため、監視業務をはじめとする幅広い業務への適応が可能です。

本ソリューションを用いたシステム

お問い合わせ/ご相談

ページの先頭へ