FUJITSU Public Sector SolutionSocial Century Transport AI交通量計測システム

システム概要

現在、道路の安全・快適な利用に向け、道路管理用に多くのカメラが設置されています。
本ソリューションは、これらの既存のカメラを活用して、AIにより道路交通量を観測し、道路利用状況や今後の道路整備計画に役立てるなど、道路管理者の業務を支援します。

システムイメージ

AI交通量計測システム システムイメージ

特長

AIによる交通量観測

AIにて画面上の通行車両(大型車、小型車に判別)や歩行者・自転車・駆動付二輪車の交通量を観測します。
交通量は上下線別に集計することができ、交通量は5分間および1時間単位で集計し、CSV出力及びブラウザ表示が可能です。
また、通行車両(大型車、小型車)の上下線ごとに平均速度を検出し、 交通量と同様に出力、表示することも可能です。

既存の道路管理用カメラを用いた観測

H.264・MPEG映像を受信し、既設CCTVカメラを活用した交通量観測が実施できます。
また観測対象カメラに対して定間隔でカメラ状態を取得し、交通量観測位置にあるかを判定します。
対象位置にない場合や計測不能な場合は、ログ状態として保存し、原因を確認することができます。

AI事象検知システムと連携(オプション)

停止や混雑等を通知するAI事象検知システムと組合わせて道路上の交通量を観測することで、CSVデータだけでなく交通量ピーク発生前後の映像を自動保存することができます。(注1)
また自動保存された映像は、映像アーカイブとして、映像情報共有化システム等にて表示が可能となります。(注2)

  • 注1
    映像蓄積装置との連携が必要です。
  • 注2
    映像情報共有化システムでの表示は映像アーカイブ(AI-DB)が別途必要です。

お問い合わせ/ご相談

ページの先頭へ