リアルタイム映像伝送ソリューション

概要

リアルタイム映像伝送装置「IPシリーズ」は、IPネットワークの伝送帯域に合わせて映像/音声を圧縮し、リアルタイムな映像伝送を行います。
プロフェッショナル用途のモデルから映像監視用途のモデルまで、用途に合わせたラインナップを提供し、様々な利用シーンでご活用いただけます。

活用イメージ

活用イメージ

特長

エラー訂正機能

IPシリーズで実績のある富士通独自のFEC/ARQの組み合わせによるエラー訂正機能、業界標準のSMPTE-2022-1を実装し、強力なエラー訂正機能を提供します。

多様な入出力インターフェースに対応

モデル毎に多様な映像の入出力インターフェースを搭載しており、SD映像から4K映像に対応します。

映像の蓄積やVoD配信に対応

映像管理ソフトウェア「Futureye」と連携することで、容易に映像集配信システムの構築が可能です。

社会システムを支える・つなぐ映像伝送製品群

安定した社会システムを提供するために、高信頼、高品質なデータ伝送を実現する製品群です。

お問い合わせ/ご相談

  • realtime_video_transmission.png
ページの先頭へ